幸福になりたいなら科学的な本を読みなさい

今まで科学というものは「人間理解」に関して、ほとんどエネルギーを割いて来なかった。

だから現状、僕らの人間理解は浅く、エラーだらけだと考えて間違いない。

 

世の中に広く行き渡っている常識は有害であり、僕らの幸福を邪魔している。

 

科学の世界では、急速に「人間理解」に対しての扉が開かれている。

今まで文明がものすごい勢いで間違ってきた方向に対して、すごいスピードでの修正が進んでいるようだ。

 

そして今までの常識を覆すような本が、数多く出版され始めている。

 

f:id:yumainaura:20171015111422p:plain

 

人間理解の過渡期

 

今の時代は、ちょうど過渡期なのではないかと思う。

より正しい人間理解は、少しずつ世間に浸透していくことだろう。

 

だけどそのスピードはものすごく遅いかもしれない。

いちど広まってしまった常識というものは、かなり根強いものだからだ。

 

僕らの人生の時間は待っていてはくれない。

20年、30年後に真実に気付くよりも、いま気付いた方が良いに決まっている。

 

今のタイミングで情報収集をして、人間の本質について理解しておくことは、非常に意味のあることだと思う。

 

間違った地図

大前提。

 

  1. 僕らは間違った地図を持っている。
  2. 僕らは自分たちが、間違った地図を持っていることに気付いていない。
  3. 僕らは、間違った地図によって引き起こされている弊害を理解していない。

 

 

新しい地図を持った時にはじめて「古い地図が間違っていたこと」に気付くものだ。 

 

たとえば知性に関して。

「頭が良い人間と、頭が悪い人間の二種類がいる」という理解をしていると、他人も自分も、そのどちらかに分類することになる。

多岐多様に渡る知性のタイプを、一辺倒に無視することになるだろう。

これでは自分たちの知性をうまく活かすことは出来ない。

 

たとえばエネルギーに関して。

「休憩を取らずにひたすら頑張る方が生産性が高い」という理解をしていると、疲労のスパイラルに陥って、結局は大きな赤字を背負うことになる。

仕事自体も過酷になるし、成果も挙げづらくなるだろう。

 

勉強は投資

こういった勉強は、理解するのは一瞬だ。

だけどいったん正しい地図さえ持ってしまえば、生涯に渡って、人生の問題を軽くすることになる。

 

勉強はなるべく早いうちにした方が良い。

勉強は人生に対する投資だ。