愛は最強のマインドフルネス

ここでは「愛」という一般的な言葉を、モラルとしてではなく、歌の歌詞ではなく、思考としてでもなく、マインドフルネスの実践として話そうと思う。

仕事

たとえば、

  • 仕事が嫌いで毎日行くのが辛い
  • 仕事が嫌いなので、最低限の業務しかおこなわない
  • 仕事の成長のために、あまり好きじゃない勉強をする
  • 仕事の成長は、自分のキャリアに役立つと理解して、モチベーションを上げ、長期的に勉強する
  • 仕事を愛して、毎日を愛のために奉仕する

 

どれが最強の仕事方法だろうか?

僕は最後だと思う。

人間関係

たとえば、

  • 人が苦手だけれど、緊張しないように努力する
  • 人と普通に接することは出来るが、影響力は与えられない
  • あらゆるコミュニケーション方法を駆使して、良好な関係を築くことが出来る
  • 他の人に対して、常に、心に深い愛情を持ちながら接する

 

どれが最強の人間術だろうか?

僕は最後だと思う。

愛は上位概念

愛は最強だ。

だからといって、簡単に実践できるわけではない。

 

たとえ

「愛が大事なんだ」

 

「そうだ、今日から仕事や人を愛することにしよう」

と心に決めても、たぶん10秒ぐらいで失敗してしまうだろう。

 

なぜなら、愛自体はとてもシンプルで簡単だけど、その実践は簡単じゃないからだ。

最終的に「愛の実践が簡単になる」までには、ちゃんとした基礎の積み上げや、心の安定や、多くの練習を必要とする。

 

「愛」が現れてくる、心のトレーニングを積んで、すごく多くの荷物を降ろしたあとに、ようやく現れるものだと僕は思っている。

だけどいざ準備が整ってしまえば「愛のある状態」は、とても心地良くて、本当に楽なのだ。

 

それはただのリラックス状態じゃない。

「平穏な状態」や「安心している状態」にも近いけれど、それよりももっと、上位の概念として位置する。

 

愛はどこにある?

 

愛というのは「思考の世界」「言葉の世界」とは、最も遠くに存在するものだ。

実感していなければ何の意味もないし、言葉ではなくて、実感の中にだけ存在する。

 

愛を感じている人にとっては、愛という言葉はしっくり来る。

愛を感じていない人にとっては、この言葉はしっくり来ない。

 

愛を感じている人にとっては、愛は手にとることができる、具体的な形だ。

愛を感じていない人にとっては、愛はどこにも存在しない、ただの概念だ。

 

そしてマインドフルネスの世界では、愛のある状態さえも、練習によって身につけるものだ。

 

愛は最も優れたイメージ

たとえば、何かに対して、愛を感じようとしてみる。

  

それで心があたたかくなるようなら、それは準備が整っている証拠だ。

逆に反発を感じるようなら、それは準備が整っていない証拠だ。

  

たとえばスポーツの世界と同じで、マインドフルネスの世界では、経験を積むほど、イメージの重要性が高まってくる。

いったんいろいろなテクニックを身に着けてしまうと、そこから重要になるのは、複数の要素をどうやって、総合的に機能させるかということに変わるからだ。

 

その最上位の概念が「愛」というイメージなのだと僕は理解する。

たとえ話

まだ何か、言い足りていないことがある気がする。

それだけ「愛」というトピックは微妙で、誤解されやすいものだ。

 

たとえばの話、職場に行くのが毎日、辛いとする。

無意識に「職場は怖い場所」という信念を持ち、仕事のメンバーを「敵だ」「自分を脅かすものだ」と感じているとすれば、これは愛のない状態だ。

 

だけどたとえば「職場は安心できる場所」という信念がベースにあり、

「仕事のメンバーは、仲間みたいなもの」「家族みたいなもの」だと実感していたとすれば、これは「愛」を感じている状態だと言える。

 

愛は単一には存在しない

  • 呼吸が整っていて、乱れることがない
  • 世界を敵だと感じるのではなく、味方だと感じて、心が安心している状態
  • 自分の状態を観察し、他の人の状態も観察することが出来る
  • 目の前のことに集中し、同時に、周りの状態を意識することが出来る
  • 「ここではないどこか」ではなく、今の瞬間に存在している
  • 刺激やショックに対して適切な対応をとり、平静さを保つことが出来る

 

こういった数々の条件を揃えることで、はじめて「愛のある状態」というものが、輪郭として現れてくる。

ベースの部分の安定があるからこそ、他の人にも優しくできるし、脅えずに、快適に過ごすことが出来る。

 

愛は直接的に目指すものではない。

だけど、もし物事の多くがうまく運ぶように感じられるなら、それはきっと「愛を感じている状態」なのだ。