体は頭より100倍賢い

たとえば瞑想中に

「手放していく」

という言葉を、心の中で唱えてみる。

そして、体の反応を確かめてみる。

 

次に

「付け足していく」

という言葉を、心の中で唱えてみる。

そして、体の反応を確かめてみる。

 

すると、自分自身に起こる反応がまったく違うことが分かる。

 

理論的に考えると、言葉なんて、根本的には文字の羅列にすぎないはずなのだけれど、何度試してみても、本当に反応が変わるから不思議だ。

おそらく今まで人生の中で、膨大なイメージがその「言葉」に蓄積されていて、自然に脳が反応するのだろう。

 

これは本当に不思議な現象に思える。

脳の裏側で、どんなプロセスが働いているのか、頭で考えても全容が全く分からないし、腑に落ちない。

だけど体は現実に、言葉に応じた反応を見せる。

 

頭で理解できなくても

僕らは例えば「言葉が肉体に与える影響」や「脳科学的なプロセス」の全てを、頭で理解できるわけじゃない。

 

だけど体に起きていることは現実だ。

いくら頭で考えて理解できなくても、実際に起きていることが真実だ。

 

もちろん、心や体に起こるプロセスを、頭で明確に理解できていた方が重宝するだろう。

だけど「頭での理解」にはそもそも、限界があると考えたい。

 

瞑想をしながら「頭では理解できない現象」に出会っても、

理解できないからといって否定したり、全てを理解しようとしたりせず、「自分」よりももっと賢い「体」に判断を委ねても良いのかなと思う。

 

大勢の科学者が技術の粋を集めても、まだ解明できない部分が多いのが、人間の脳や体の仕組みなのだから。