北風と太陽の法則 ( あるいは不安と受容の法則 )

 

心に不安がある時

f:id:yumainaura:20170707000044p:plain

普通、心はそれを抑え込んだり

f:id:yumainaura:20170707000108p:plain

 

逃げたりしようとする

(たとえ無意識でも、心はそう動いていることがはるかに多い)

 

f:id:yumainaura:20170707000119p:plain

 

喜びを広げるのは、もっと良いアプローチ

 

f:id:yumainaura:20170707000232p:plain

だけど、さらに良いアプローチは、不安と友だちになること

これを心理学だと「受容」って言ったりする。

 

f:id:yumainaura:20170707000307p:plain

 

すると案外、悪いやつじゃないんだな、ってことに気付く

 

f:id:yumainaura:20170707000315p:plain

 

具体的なトレーニング

 

ゆっくりとする

 

なにか不快さに気付いたら、心にスペースをつくるイメージを描く。

(少しだけ穏やかで、少しだけ深くて、少しだけ大きな呼吸をしてみる)

 

大事な部分。

「不快にさせる対象」そのものじゃなくて、

「自分の反応」を認識してみる。

 

そして、その「自分の反応」を受容してみる。

受容できたか、受容できなかったか、失敗と成功を理解する。

 

受容できたら楽になるはずだし、

できなかったらもっと苦しくなるかもしれない。

 

心がふっと楽になるまで、何度かチャレンジを続けてみる。

 

100回に1回ぐらいはうまくいくかもしれない。

うまくいかなくてもいい。ともかく、全ては練習だ。

 

 

注意

 

この需要のトレージングは、ちょっとだけ難易度が高めだ。

僕の実感としては、まずは、心のバランスが取れていることが大前提になる。

 

中級者向けだと言えるだろう。

 

受容のトレーングがうまくいかない場合は、基本に戻ったほうが良い。

 

「心地良さに集中する」

「呼吸に集中する」

「起きている現象をただ観察する」

など、よりベーシックな訓練をするのが良いだろう。