マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

心のオーバーフロー

心がオーバーフローする瞬間を見つけることがある。

その瞬間はとても不快なもので、一瞬で心のエネルギーが失われる。

 

もともと思考というものは、コントロールを失いがちだ。

あれもこれも、過去にも未来にも、何百ものことを数秒で考えるようでは、とても、ひとつの心には収まりきらない。

たとえば僕なら、短い間隔でブログを書いたり、ウェブサイトをいくつも開いたり、本も片手に置いて、マルチタスクをしようとしている最中は、心はオーバーフローを起こしやすい。

 

心にはシングルタスクがとても似合っている。

「今への集中」には、美しいものがすべて含まれている。

美しいものは「ひとつの流れ」の「ひとかたまり」のものだ。

複雑なものが統一的に機能しているものだ。

 

もし美を味わいたいならば。

たとえば、アイスコーヒーとホットコーヒーを混ぜ合わすようなことがあってはならない。

たとえば、ディナーとデザートを1秒ごとに交互に食べるようなことがあってはならない。

 

心がオーバーフローした時は、マルチタスクからシングルタスクへと、何度でも盾戻そう。

 

オーバーフローした心はとても支配的だ。

だけど「溢れていること」にさえ気付ければ、それ以上溢れることは防げる。

 

目を閉じて呼吸が出来るなら、そうしてみよう。

 

信じよう。

心が家を見つける度に、そこに帰りやすくなると。

僕らは、帰り道を覚えてゆく。

 

「目の前のことに集中する」のではなく、「目の前に存在しないものに集中しない」という感覚が近いかもしれない。

 

気付いているだろうか。

目の前に究極の美があるのに、僕らはそれをついに、手に取らないままだ。

 

f:id:yumainaura:20180127074852p:plain