「禅を学ぶものにとっては、ほとんどの人にとってなんの価値もない雑草は、宝なのです」

 

「禅マインド ビギナーズ・マインド」より。

 

f:id:yumainaura:20170701022218p:plain

 

道端の雑草が美しいと感じる時

 

個人的な話だが、これは僕が瞑想を1年実践して、本当に体験した感覚だ。

何の比喩でもなく、精神的なたとえでもなく、本当に道端に生えている雑草を「美しい」と感じたことがある。

 

それは、頭で「これは美しいはず」と考えたのではなくて、穏やかな心が、美しさの本質というものに、直接触れたような感覚だった。

 

 

瞑想のトレーニングをしていて良かったと思うのは、そんな瞬間だ。

 

瞑想なしには、決してこんな体験は出来なかったと思う。

 

お金を払わない感動もある

 

 

ちなみに、こんなことを人に言ったら、ちょっと頭が変だと思われるかもしれない。

(雑草をしげしげと見つめて「美しい」なんて感じるのは、たしかに常軌を逸している)

 

いまの世界では、お金を払ってディズニーランドに行ったり、最新の映画を観たりした時にしか、感動してはいけないというルールになっているのだ。

 

だから僕らは、たとえば、映画の中で演出された月には感動するけれど、本当の世界の月には、まず目もくれない。

あるいは気付いたとしても、一瞬だけ見て、あるいはスマホで写真に撮って、足早に通り過ぎてしまう。

それが、いまの僕らの行動習慣でもある。

(なんでもない景色に感動することが、社会的承認を得ていないなんて)

 

だけど瞑想を実践する人にとっては、お金を払って観る映画や、時間をかけて行く旅行だけではなくて、日常のほんの些細な出来事や景色が、贅沢な娯楽に変わる瞬間がある。

 

まさに「ほとんどの人にとってなんの価値もない雑草」が「宝」になるのだ。

 

トレーニング 

 

  • たとえば空を見上げてみて、10秒だけゆっくりと、なるべくぼーっと眺めてみよう。(雑草はレベルが高いから、なるべく綺麗な景色を眺めるのが良いだろう)
  • あなたの思考は「なんだ、綺麗だけど、ただの月じゃないか」と、すぐに通り過ぎようとするかもしれない。だけどその「思考の判断」のバックグラウンドに「心の体験」が存在するかどうか、探してみよう。
  • 「思考の判断」と「心の体験」の違いが少しでも感じ取れたら、それをよく味わってみよう。
  • すぐには、なにも分からなくても良い、だけど、何か心を引くものを見かけるたび「思考ではない心の体験」「クオリア的な体験」が起こっていないか、よく自分の心を観察してみよう。

 

きっとあなたも、この世界を味わうのがうまくなるはずだ。

 

f:id:yumainaura:20170701024654p:plain