心ここにあらず = 体ここにあらず

「心」を「今現在」に持ってこようとしても、なかなか難しい。

なぜなら「心」自体が何なのかよく分からない。曖昧だからだ。

 

「心」ではなくて「体」を「今現在」に取り戻すことの方が簡単だ。

たとえば風がそよいでいる感覚、歩きながら足裏に感じる感覚など、心地良いものに注意を向けるだけで良い。

 

瞑想のトレーニングを続けていると「心と体は同一のもの」という確信が、どんどん深まっていく。

「心ここにあらず」というのは、すなわち「体ここにあらず」だ。

そして扉は、だいたい僕らが想像する「心」のようなものではなくて、もっと身近な「体」にある。

 

だから僕は、自分の心がさまよっていると気付いた時には、

まずは「肌の感覚」に注意を向けることに決めている。

 

これがなかなか、うまくいくみたいだ。

 

 

f:id:yumainaura:20171014180104p:plain

 

準備運動のイラスト(脚) | かわいいフリー素材集 いらすとや