マインドフルネスとディズニーランドの話 ( もしくは経験とビギナーズラックの話 )

新しい体験や、変わった体験は、 僕らを自動的に「体験モード」にさせてくれる。

たとえば、人生ではじめてディズニーランドに行ったら、きっとすべてのものが輝いて見えるだろう。 僕らはきっと全ての時間を「体験モード」で過ごすはずだ。

だけど同じディズニーランドでも、人生で二回目に行ったら、自動的には体験モードは起こらない。
きっと「前に行ったときとは、何かが違う」と感じるだろう。

このように、実は経験の世界にもビギナーズラックはある。

f:id:yumainaura:20170527123158p:plain

( * フリー素材 )

ビギナーズラックは上達じゃない

ビギナーズラックはビギナーズラックだ。

上達じゃない。

だから再現性がない。

でも、経験を運任せにするのは、本当にもったいない。
なぜなら人生は、ぼやっとしている間に流れてゆくから。

経験する訓練

経験は、訓練によってうまくなる。
ビギナーズラックに惑わされずに、少しずつ経験の訓練をしていけば。

10は20になり、20は40になり、40は80になる。

なぜ経験が大事なのか

それは、生きるということが、経験するということそのものだから。

僕はそう思う。

あなたはどう思う?