瞑想ですごく集中するコツ 〜集中力は温かくて心地良い〜

あなたは集中がうまいだろうか?

僕は集中するがすごく下手だった。

 

その一つの理由は「集中」というものが何なのか、まったく誤解していたせいだと思う。

むしろ「集中状態」とは全く逆にあるものを、集中なのだと思いこんでいた。

 

まったく反対方向の地図を持っていたら、目的地にたどり着くのは難しい。

だけど、瞑想を続けているうちに「集中力」に対する心的イメージが、自然と書き換わってきた。

 

つまり、集中するのがうまくなってきた。

 

(少なくとも、座って瞑想をしている間は。これをより応用して、日常に広げて行きたい)

集中力は温かくて心地良い

瞑想を続けていると、

集中力は「すごく心地良いもの」の中にある、ということに気付くかもしれない。

 

エネルギーを消費するのではなく、むしろ回復してくれる。

頑張るのではなく、逆にまったく頑張らない、ものすごく楽な状態。

 

リラックスでもない。

緊張でもない。

一般的に言われているような、その中間地点にあるものでさえない。

まったく別の、第三の状態。

僕は集中力を、そのようなものだと感じている

 

瞑想はエネルギーを使う?

瞑想で集中するのはエネルギーが要る。

集中力を使った後には、どっと疲れてしまう。

 

だけど最近思うのは、もし「瞑想でエネルギーを消費した」という感覚があるならば、それは集中状態ではなかったんじゃないかということ。

「集中するための努力」はしたけれど「集中ゾーン」には入れてなかった時じゃなんじゃないだろうか。

 

もちろん努力が無駄というわけでは全くない。

 

必要なのは「うまい努力」だ。

「あらゆるコントロールを手放していくタイプの、広義の努力」とでも言えば良いだろうか。

 (「うまい努力のしかた」を見つけるためには「下手な努力」も必要だけれど)

 

閑話休題

僕らが「集中」だと思い込んでいるものは、まったく「集中」ではないのかもしれない。

 

集中状態はとても心地良い。

集中状態はエネルギーを回復してくれる。

集中状態はまったく頑張る必要がない。(なおかつ、エネルギー状態が高い)

 

こう理解すると「心地良さ」と「集中力」というのは、言葉が違うだけで、まったく同一のものなのかもしれない。

著者近影

たぶん集中していそうな顔をしている。

 

f:id:yumainaura:20170914001640p:plain