炭酸水を飲む瞑想

ちょっと変わったトレーニングを紹介する。

 

マインドフルネスの世界は、スポーツの世界と同じで、自分でトレーニングメニューを考えても良いところが長所だ。

なのでこれは、これは僕のオリジナル。

 

f:id:yumainaura:20170803233029p:plain 

 

やり方

炭酸水をゴクゴクと飲む。ちょっと喉が辛くなるぐらいが良い。

 

次に、パチパチとした喉の「刺激」を、感じ取ってみる。

 

だけど時間が経つと、すぐに「刺激」は無くなる。

なので次に「刺激」が「無くなったこと」を感じてみる。

 

このトレーニングは何?

これは別にジョークでやっているわけじゃない。(いや、ジョークでやっているのかもしれない)

「終わりを観察する」という由緒正しいトレーニングなのだ。

 

ある瞑想家は、最も重要なトレーニングとして、この「終わりを感じる瞑想」を勧めているらしい。

(「ジョイ・オン・デマンド」三章)

 

刺激には、終わりがある。

痛みには、終わりがある。

喜びにも、終わりがある。

 

 

ひとつのエネルギーには、終わりがある。

そもそも僕らの生命にも、終わりがある。

 

だけど僕らの自己観察力は、ふだんこの「終わり」を認識していない。

 

だからマインドフルネスのトレーニングで、それを見つけられるようにするんだ。

 

何が良いの?

たとえば、痛み。

 

マインドフルネスのトレーニングを積んでいても、痛みに抵抗できないことがあるかもしれない。

だけど痛みが「終わった時」に、その「終わり」を理解することが出来る。

 

「痛みが、もう存在しない事」に気付くことが出来る。

 

これは回復力=レジリエンスの一種だ。

どんな痛みもいずれ終わると理解すれば、痛みに対して強くなれる。

 

逆に「プラスの物事」「喜ばしいこと」の終わりを認識することで、執着を持たないための訓練が出来る。

(なぜか、はっきりと意識することで、執着のレベルが下るようだ)

まとめ

炭酸水は瞑想に役立つ。