飲酒と瞑想を比べてみた ( どっちが優れてる? )

お酒を飲むと、気持ち良くなれる。

瞑想をしても、良い気持ちになれる。

 

「それなら、お酒を飲むだけでも良いんじゃない?」と、ふと思ったことがあった。

だけど考えてみると、圧倒的な違いがある。

飲酒(アルコール)

  • 飲めば飲むほど体を壊す
  • だんだんと効果が薄れていく
  • 人間関係の橋渡しにはなるが、関係改善の効果はない
  • 仕事に悪影響をおよぼす場合がある
  • 技術ではないので、他の分野に応用は効かない
  • けっこうお金がかかる

 

瞑想

  • やればやるほど心が安定する
  • だんだんと効果が高まっていく
  • 人間関係の改善に効果がある(かもしれない)
  • お金がほとんどかからない
  • 仕事や集中力に好影響を及ぼす
  • 技術なので、他の分野に応用が効きやすい

つまり

飲酒は右肩下がり。

瞑想は右肩上がり。

 

f:id:yumainaura:20170706234620p:plain

 

ところで

 

世の中にはアルコールを使った瞑想もあるという。

「自意識」が作用しにくい状態にするためだそうだ。

 

自転車に乗れるようになる前の、補助輪みたいな感じだろうか。