マインドフルネスって何? ( マインドフルネスが分からない )

たとえば。

 

  • 生まれて初めてディズニーランドに行って、全ての時間、すべての瞬間を楽しんでいる時の気持ち
  • 旅行に行った時、素晴らしい景色を眺めて、心を奪われている時の感覚
  • 引っ越しをしたばかりで、街のすべてが特別に見えている時の気持ち
  • 自然の中を歩いて、木の香りをかぎながら、空気を吸い込んでいる時の感覚

こんな状態をマインドフルネスと呼んだりする。

 

マインドフルネスの特徴

  • マインドフルネスは…誰もが経験したことのある感覚だ。
  • マインドフルネスは…子供の頃には多くの人が持っていた感覚だ。
  • マインドフルネスは…何かをはじめて体験した時に起こりやすい感覚だ。

そして、これを「取り戻す」「再現できるようにする」のが、マインドフルネスの訓練だ。

 

マインドフルネスは思考じゃない

 

マインドフルネスの訓練は「考え方を変えること」…じゃ、ない。

むしろ、その反対の道をゆくのがマインドフルネスだ。

 

マインドフルネスでは「思考では自分を変えられない」と理解する。

 

たとえば、いくら「子供の頃の感覚を取り戻そう」と「頭で考えた」としても、実は、ほとんど効果はない。

いくら「目の前の景色」を「素晴らしいと考えよう」としても、実は、ほとんど効果はない、と。

 

そうではなくて、具体的な心のトレーニングをおこなうのが、マインドフルネスの基礎だ。そして、すべてでもある。

この「具体的な訓練をする」というのが「自己啓発」とは全く違うところだ。

 

(たとえば、本を読んで考えてばかりで、具体的な訓練をしないスポーツ選手って、うまくなれるだろうか? それと同じで、心の世界でもトレーニングにこそ効果がある) 

たとえば、たまには

空を見上げてみよう。

綺麗だと思うだろうか。思わないだろうか。

 

たとえ頭では綺麗だと思っても、

「はいはい、いい景色だね、分かった分かった」なんて、1秒で下を向いて歩き始めるなら、思考の世界のやり方だ。

 

それは、経験しているようで、まったく経験していない。

頭が「経験した」と思い込んでいるだけだ。

 

たとえば30秒ぐらい、空を見ながらぼーっと出来るかどうか、試してみよう。

 

最初は「ぼーっとする」のはすごく難しいかもしれないけど、

これがマインドフルネスの訓練になる。

 

 

f:id:yumainaura:20170617142211p:plain 

すごく簡単なトレーニング

 

マインドフルネストレーニングは、何も堅苦しいことをする必要はなくて、

まず最初は「自分が心地よく感じること」を「さらに心地よく感じようとしてみる」のが始めやすいだろう。

 

たとえばシャワーをあびるのが好きなら、シャワーを浴びながら、肌の感覚に注意を向けた見たり。

たとえば読書が好きなら、読書をしながら、その場にいることを、もっと楽しんでみたり。

 

マイナスをプラスにするのは大変だ。

だけどプラスを、もうちょっとプラスにするのは、やりやすいだろう。