ホムンクルスと瞑想 〜手足の感覚、そして集中力〜

あなたはホムンクルスを知っているだろうか。

「人体の感覚がどの部位に集中しているか」を表した像だ。

 

僕が最近思うのは、瞑想とこのホムンクルスはものすごく関係が深いということ。

 

 

f:id:yumainaura:20171027002137p:plain

 

 

 

以前僕は、集中力は「頭のあたり」とか「胸のあたり」に位置すると思っていた。

「集中している」というと「頭を使っている」という感じがする。

 

あまりにそのイメージが強かったので、いつまでも集中力の源泉が見つけられないでいた。

「なんだかよく分からない、どこでもないどこか」にあるもののように思えた。

 

けれど最近感じるのは、集中力は肉体の特定の場所から生まれてくるということ。

それが、末端神経である、手と足の感覚だ。

 

瞑想で座禅を組むと、手と手が触れ、足と足が触れ、足と地面も触れることになる。

だからこれは、人間にとって最も集中しやすい姿勢だということに気付いた。

手足というのは実は、ものすごく敏感に作られているからだ。 

(上の図では足は小さく描かれているけれど、手に匹敵するぐらい、足の感覚も鋭敏だと僕は思う)

 

だから僕は最近、歩く時は呼吸でも、周りの景色でもなく、まずは足の感覚に注意を向ける。

そうすると、ものすごく心がセンタリングしやすいことに気付く。

足裏を中心として、心地良い、安定した感覚が広がっていく。

 

(足の情報収集力は実はすごくて、人類はそれを忘れてしまっているという説もある)

 

集中力の源泉が手足にあるだなんて、とても頭では信じられないだろう。

だけど、どれやらこれは本当みたいだ。

 

瞑想をする時も、歩く時でも、ぜひ手足の感覚に注意を向けてみてほしい。

他の場所に意識を向けるより、きっとうまくいくはずだ。

 

 

 

体は頭より100倍賢い

たとえば瞑想中に

「手放していく」

という言葉を、心の中で唱えてみる。

そして、体の反応を確かめてみる。

 

次に

「付け足していく」

という言葉を、心の中で唱えてみる。

そして、体の反応を確かめてみる。

 

すると、自分自身に起こる反応がまったく違うことが分かる。

 

理論的に考えると、言葉なんて、根本的には文字の羅列にすぎないはずなのだけれど、何度試してみても、本当に反応が変わるから不思議だ。

おそらく今まで人生の中で、膨大なイメージがその「言葉」に蓄積されていて、自然に脳が反応するのだろう。

 

これは本当に不思議な現象に思える。

脳の裏側で、どんなプロセスが働いているのか、頭で考えても全容が全く分からないし、腑に落ちない。

だけど体は現実に、言葉に応じた反応を見せる。

 

頭で理解できなくても

僕らは例えば「言葉が肉体に与える影響」や「脳科学的なプロセス」の全てを、頭で理解できるわけじゃない。

 

だけど体に起きていることは現実だ。

いくら頭で考えて理解できなくても、実際に起きていることが真実だ。

 

もちろん、心や体に起こるプロセスを、頭で明確に理解できていた方が重宝するだろう。

だけど「頭での理解」にはそもそも、限界があると考えたい。

 

瞑想をしながら「頭では理解できない現象」に出会っても、

理解できないからといって否定したり、全てを理解しようとしたりせず、「自分」よりももっと賢い「体」に判断を委ねても良いのかなと思う。

 

大勢の科学者が技術の粋を集めても、まだ解明できない部分が多いのが、人間の脳や体の仕組みなのだから。

 

 

 

 

 

幸福になりたいなら科学的な本を読みなさい

今まで科学というものは「人間理解」に関して、ほとんどエネルギーを割いて来なかった。

だから現状、僕らの人間理解は浅く、エラーだらけだと考えて間違いない。

 

世の中に広く行き渡っている常識は有害であり、僕らの幸福を邪魔している。

 

科学の世界では、急速に「人間理解」に対しての扉が開かれている。

今まで文明がものすごい勢いで間違ってきた方向に対して、すごいスピードでの修正が進んでいるようだ。

 

そして今までの常識を覆すような本が、数多く出版され始めている。

 

f:id:yumainaura:20171015111422p:plain

 

人間理解の過渡期

 

今の時代は、ちょうど過渡期なのではないかと思う。

より正しい人間理解は、少しずつ世間に浸透していくことだろう。

 

だけどそのスピードはものすごく遅いかもしれない。

いちど広まってしまった常識というものは、かなり根強いものだからだ。

 

僕らの人生の時間は待っていてはくれない。

20年、30年後に真実に気付くよりも、いま気付いた方が良いに決まっている。

 

今のタイミングで情報収集をして、人間の本質について理解しておくことは、非常に意味のあることだと思う。

 

間違った地図

大前提。

 

  1. 僕らは間違った地図を持っている。
  2. 僕らは自分たちが、間違った地図を持っていることに気付いていない。
  3. 僕らは、間違った地図によって引き起こされている弊害を理解していない。

 

 

新しい地図を持った時にはじめて「古い地図が間違っていたこと」に気付くものだ。 

 

たとえば知性に関して。

「頭が良い人間と、頭が悪い人間の二種類がいる」という理解をしていると、他人も自分も、そのどちらかに分類することになる。

多岐多様に渡る知性のタイプを、一辺倒に無視することになるだろう。

これでは自分たちの知性をうまく活かすことは出来ない。

 

たとえばエネルギーに関して。

「休憩を取らずにひたすら頑張る方が生産性が高い」という理解をしていると、疲労のスパイラルに陥って、結局は大きな赤字を背負うことになる。

仕事自体も過酷になるし、成果も挙げづらくなるだろう。

 

勉強は投資

こういった勉強は、理解するのは一瞬だ。

だけどいったん正しい地図さえ持ってしまえば、生涯に渡って、人生の問題を軽くすることになる。

 

勉強はなるべく早いうちにした方が良い。

勉強は人生に対する投資だ。

 

 

幸福感は皮膚感覚の中に

瞑想をしていると、とても心地良い幸福感がやってくる時がある。

自分から積極的に、幸福感を感じ取ることも出来る。

 

だけど「注意を向ける位置」が間違っていると、なかなかうまくいきづらいみたいだ。

 

たとえば僕の場合「胸のあたり」に注意を向けると、幸福感を得ることが出来ないみたいだ。

胸のあたりには、何か苦しい感覚がある。

 

「心」というと、どうしても「胸のあたり」をイメージしてしまっていたのだけれど。

そもそも「心が胸のあたりにある」「自分は胸のあたりにいる」という無意識の感覚が、良い瞑想の邪魔をしていたみたいだ。

 

だけど最近、どうやら幸福感というのは、別の部分から生まれているらしいということを感じていた。

そしてその正体が「皮膚感覚」じゃないかということに気付いた。

 

それまで僕はきっと、皮膚に感覚があるということさえ忘れていた。

安心感

この話は、あくまで僕個人の感想なのだけど、わりと真実を突いてる部分もあるんじゃないかと思う。

 

たとえば

「母親の胎内にいたときの安心感」

「猫が親猫に毛づくろいされるような、あたたかい感じ」

岩盤浴をしているときの、リラックスした感じ」

 

幸福感や、安心感というのは、実はいつも『皮膚感覚」の近くになかっただろうか。 

 

f:id:yumainaura:20171014183830p:plain

軽さ

これは瞑想で大事な「軽さ」とも関係しているように思う。

 

たとえば「体の中心のあたり」に注意を向けると、自分というものが重く感じられる。

だけど「体の表面」に注意を向けると、とても軽やかに感じられてくる。

 

皮膚というものはとても薄くて、とても軽い。

だから皮膚に注意を向けてみると、自分自身も軽く感じられるみたいだ。

 

GO WILD 

僕らがほとんど忘れてしまった、数々の原始的な感覚。

その中でかなり重要な部分を占めるのが「皮膚感覚」なんじゃないだろうか。

 

 

 

心ここにあらず = 体ここにあらず

「心」を「今現在」に持ってこようとしても、なかなか難しい。

なぜなら「心」自体が何なのかよく分からない。曖昧だからだ。

 

「心」ではなくて「体」を「今現在」に取り戻すことの方が簡単だ。

たとえば風がそよいでいる感覚、歩きながら足裏に感じる感覚など、心地良いものに注意を向けるだけで良い。

 

瞑想のトレーニングを続けていると「心と体は同一のもの」という確信が、どんどん深まっていく。

「心ここにあらず」というのは、すなわち「体ここにあらず」だ。

そして扉は、だいたい僕らが想像する「心」のようなものではなくて、もっと身近な「体」にある。

 

だから僕は、自分の心がさまよっていると気付いた時には、

まずは「肌の感覚」に注意を向けることに決めている。

 

これがなかなか、うまくいくみたいだ。

 

 

f:id:yumainaura:20171014180104p:plain

 

準備運動のイラスト(脚) | かわいいフリー素材集 いらすとや

瞑想の指導者がそれぞれバラバラなことを言う理由

瞑想の指導者も人間だ。

他の人の体を借りて瞑想するということは出来ないし、他の人の人生を体験することも出来ない。

 

瞑想を実践するのは「自分の体」であり「自分の心」でしかない。

だから必然的に、その教えも個人の色を強く反映することになる。かなりのばらつきが生まれても当然だ。 

 

だからたとえば瞑想関係の本で、指導者が「絶対にこうしなさい」と書いていても、あまり気にする必要はないと思う。

指導者であるにも関わらず、いや、指導者だからこそ「自分の体験」という罠にはまりこんでいるかもしれないのだから。

 

「平均的な人間」は存在しない。

 

f:id:yumainaura:20171014101537p:plain

 

科学によって瞑想のベールが剥がされたとはいえ、それぞれ個人にとって何が最適な瞑想なのかという測定は難しい。

 

だから瞑想のやり方は、自分が気に入る方法でやろう。

料理の味付けを、自分で決めて良いのと同じように。

 

「最も優れたものは、自分の体が知っている」

最高の瞑想場所はお寺じゃなくて自室

環境によると思うが、特に一人暮らしの人なんかにとっては、自宅は最高の環境になるかもしれない。

 

重要なのは、

 

  • 集中しやすい場所であること(静かであったり、適度な室温であったり、人によって条件は違うと思う)
  • 気軽に、繰り返しトレーニング出来ること

の二点だ。

 

座禅や瞑想というと一般的には「お寺でしてるんですか?」というイメージみたいだ。

だけど、いくらお寺が集中するのに向いているからといって、毎日お寺に出かけていくわけには行かない。

住職の息子でもない限りは。

 

瞑想で大事なのは「繰り返しトレーニングすること」だ。

自室はそれにはうってつけだ。

もしくは、集中できるお気に入りの場所を見つけるのが良いだろう。

 

瞑想はトレーニングなので、習慣的に練習時間を取る方が良いに決まっている。 

 

たとえば、スタジオ練習だけで上手くなるバンドがいるだろうか。

試合に出たときにだけバットを振る野球選手がいるだろうか。

フルマラソンの時以外は走らないランナーがいるだろうか。

 

瞑想もまた、練習がすべての世界だと言える。