ぼーっとできない人のための、ぼーっとする練習 ( 頭脳エネルギーの回復手段を持つ )

「ぼーっとする」という行為には、

「生産性がゼロ」「何の価値もない」という古いイメージがある。

 

だけど実は「ぼーっとする」というのは、意外に高度なスキルだと、僕は思っている。

それも、人間にとってかなり重要な。 

 

「4つのエネルギー管理術」で言えば、頭脳面のエネルギー回復をしてくれるような。

f:id:yumainaura:20170723233716p:plain

ぼーっとするには練習が必要 

「ぼーっとしたい」と思っても、いざ試してみると思うと、うまく出来なかったという経験はないだろうか。

 

それは実は、偶然のせいでも、性格のせいでも、タイミングのせいでもない。

 

ぼーっとするのはスキルだからだ。

うまくなるにはトレーニングが必要だ。

逆に、練習次第でこの能力を伸ばしていくことが出来る。

ぼーっとするって何?

ちなみにここでいう「ぼーっとする」というのは、

「色々考え事をして、いつの間にか時間が過ぎてしまうこと」とかではない。

「脳の頭脳面な働きを休ませて、別部位の脳の働きをうながすこと」だ。

 

普段は使っていない脳の部位を使うイメージだ。 

 

ちなみに脳科学的にも、人間が「ぼーっとしている」時も、脳は活発に働いているらしい。

ただ、活動する部位が普段と違うというだけで。

 

f:id:yumainaura:20170723233014p:plain

ぼーっとするメリット

ぼーっとするメリットは、頭脳面のエネルギーの回復になること。

創造性が活性化することなどが挙げられる。

 

僕自身の実感としても、

「頭を使う作業」の後に意識的に「ぼーっとする」という時間を挟むと、

ひたすら「頭を使う作業」を直線的に続けるよりも、かなり知的活動のクオリティを上げられるような気がしている。

 

僕らは普段「頭脳面のエネルギーの消費」に対して、回復手段を持っていない。

「眠る」とか「休憩を取る」とか、消極的な回復方法しか備えていない。

 

たとえ表面的には休憩を取っていても、めまぐるしく思考が働いたままだと、それは頭脳のエネルギーを回復させることにはならない。

なので、「ぼーっとする」スキルを身につけることで、頭脳面の回復手段を持てることになる。

 

f:id:yumainaura:20170723233932p:plain

ぼーっとする筋肉を鍛える

この記事では、ぼーっとするための具体的な練習方法をご紹介したい。

 

その前に、ひとつだけ覚えておいてほしいのは、これが僕らの非常に弱い部分、衰えている部分を鍛えるトレーニングだということだ。

今まで使っていなかったような筋肉を使うようなもので、最初はもどかしさを感じたり、抵抗を覚えるかもしれない。

 

なので1回やって、うまくいかなくても、継続的に地道にチャレンジしてみてほしい。

(最初から「マリオブラザーズ」を全面クリアできる人はいない)

 

これはわりと高度な訓練方法なので、

どうしてもうまくいかないようなら、マインドフルネスの他のトレーニングから始めてみたほうが良いかもしれない。

 

f:id:yumainaura:20170723235647p:plain

ぼーっとするトレーニング

 

僕らは人生でいちどぐらいは、ぼーっと出来たことがあると思う。

たとえばお祭りの日だったり、旅先でゆっくりした日だったり。

 

その感覚を思い出すことができれば、成功は近い。

 

たとえば、ビルの高い場所で、遠くで流れていく車を眺めてみたり。

なるべく落ち着ける景色の中で、木が揺れるのを眺めてみたり。

 

まずは「視覚的に、自分が一番ぼーっと出来るもの」を探してみるのが良いと思う。

目に見えるターゲットがあった方が、トレーニングがしやすいはずだ。

(「視覚」と「頭脳面の働き」とは、密接につながっているように思う)

 

「脳が休まる感覚」「頭脳が休まる感覚」を覚えたら、それがきっと「ぼーっとできている」ということだ。

いちどその感覚が分かったら、あとは思考に気が逸れるたびに「ぼーっとすること」に

集中すれば良い。

 

「ぼーっとすることに集中する」と言うと、言葉的には矛盾しているように聞こえるかもしれない。

だがこれは要すると、脳の特定の部位を休ませて、特定の部位を働かせることなので、現象的には矛盾していないと感じる。

 

あと「ぼーっとすること」にもピークがあるので、ピークが過ぎたなと思ってしばらくしたら、トレーニングをやめると良いだろう。

 

f:id:yumainaura:20170723235748p:plain

ちなみに

慣れてくれば、色々な場所でぼーっとできる。

「信号待ちの間に、ぼーっとしてみる」というのも良いかもしれない。

 

僕らは普段から、頭脳を働かせすぎな傾向にある。

ぼーっとするスキルを身につけることで、効果的な回復手段を持つことは、きっと人生に有効に働くだろう。

 

 

f:id:yumainaura:20170723224720p:plain

自習室 / サロンで瞑想してみよう (秘密基地を作ろう)

瞑想にすごく良いスポットを見つけた。

 

月額制の自習室(みたいなサロン)だ。

ホリデー会員で、月に3500円程度で入会できた。

 

この写真でいうと、左側の椅子はあぐらをかけるので、瞑想することが出来る。

右側の椅子はリクライニング出来て、仮眠することも出来るレベル。

 

 

f:id:yumainaura:20170723191203p:plain

 

関西大学が運営するコワーキングスペース KANDAI Me RISE倶楽部

 

メリット

あくまで僕が通っているサロンの場合だが、次の点が良い。

 

  • カフェやネットカフェよりもずっと静か ( 普段は静かなブックカフェでも、休日の昼間には騒がしくなったり、席が無くなったりするから )
  • ネットカフェより雰囲気が良い
  • 数千冊の本が置いてあって、好きなものを読んで勉強できる
  • 快適なWi-f環境
  • 街中にいても、好きな時に瞑想でリフレッシュすることが出来る (夕暮れ時に瞑想できるのは本当にありがたい)

デメリット

これもあくまで、僕が通っているサロンの場合だが、次の点はネックになるかもしれない。

  • 入会に面接が必要だった (と言っても簡単な顔合わせ程度)
  • 面接が通ってから、実際の利用開始まで1ヶ月必要だった。
  • 月額制なので、月々の固定費がかかる。(スターバックスのコーヒー7杯分ぐらいは)
  • ブックカフェと違って、小説は置いていなかった。
  • ネックストラップ付きの会員カードを持ち歩かなければいけない (なんでこんな仕組みになっているんだろう)

 

 

瞑想株式会社へようこそ 〜1%の上司と99%の部下〜

最近、僕は「観察する瞑想」の大きなメリットに、改めて気付いた。

それは「本当に楽」ということだ。

 

やることは非常にシンプル。

ただ自分の心に起こることを、観察し続けるだけで良い。

 

トレーニングメニューを作る必要もないし、どこに向かって進んだら良いか、自分で考える必要もない。

つまり、僕らが普段使っているような「意思の力」を使う必要が、ほとんどないのだ。

 

僕らはオートメーションで幸福に近づくことが出来る。

こんなにシンプルな話はない。

観察って何?

ここで疑問がひとつ生まれるかもしれない。

 

「もしオートメーションで幸福に近づくとしたら、普段、僕らが幸福じゃないのは何故なのんだろう」

「本当にただ座っていることと、観察することとは、何が違うんだろう」

 

って。

 

僕の場合は、こういうことだと理解している。

 

このトレーニングの本質は「1%の自分が、残り99%の自分を観察すること」だ。

つまり、1%の「観察する自分」さえキープしておけば良い。

 

f:id:yumainaura:20170723182119p:plain

 

(脳科学的な言葉で言うなら、脳の前頭前野と、他の部位の働きとの違いになるのかもしれない)

 

たった1%の違いだけど、これが大きな違いだ。

なぜなら普段僕らは、この1%の「司令官」のような自分を、エネルギーを空費することに使っているから。

 

この1%の使い道を変えるだけで、残りの99%に対して影響が生まれる。

それが瞑想のプロセスだ。

「これは自分」という思い込み

僕らが「自分の意思でやっていること」というのは、実は「自分の意思ではやっていない」らしい。

もしくは、意思の関与度はものすごく小さい割合らしい。

これは様々な科学的な実験でも明らかにされているようだ。

 

f:id:yumainaura:20170723182741p:plain

僕が瞑想を続けている実感としても、この事実は当たっている。

 

なぜなら、思考はまったく「自動的」に湧き出てくるし。

こうやって文章を書いていても、手はほとんど自動的にキーボードを叩いている。

ほとんど何も考えなくても服は着替えられる。

自分が「意識的に考えた」はずのことでさえ、もうひとつ外側のレイヤーから見ると、まるで自動的におこなわれたように理解できる。

 

まあこれは、意識のプロセスのどこからどこまでを「自分」だと理解するかの、区分けの違いなのかもしれないけれど。

僕らが意識的にやっていることというのは、思ったよりも、かなり少ないようだ。

 

でも、だからといって「100%が自動でおこなわれている」という理解では、僕らがトレーニングをすることさえも、自動的に決まっているという話になり、これでは意図的な成長をすることは出来ない。

そこで僕は「1%の意思と、99%の自動的なプロセス」というモデルで、瞑想を理解することにした。

コツは「意思」の錯覚を減らすこと

観察する瞑想のコツは、僕らが「自分でやっている」「自分の意思で考えている」という思い込み、錯覚を、だんだんと減らしていくことだと思う。

つまり、意識のほとんどのプロセスは自動的におこなわれており、

 

このことで、観察の対象はどんどん広がっていくことになる。

なぜなら観察というのは、「自分」が、その外部から「自分ではないもの」を見て、理解する行為なのだから。

(もし意識の100%が「自分の意思」でコントロールされているならば「観察」なんてしようがない)

 

「これは自分だ」という思い込みを手放していくと、

 

観察できる対象は0%から99%にまで広がっていく。

99%の自分を信頼する

あ、言い忘れたけど、もうひとつコツがある。

それは「残り99%のプロセスを信頼する」ということだ。

 

たとえるなら、1%の自分は上司で、残り99%は部下みたいなものだ。

 

 

たとえば、「癒やし」のプロセスは自動的に起こる。

「集中」というプロセスも自動的に起こる。

「意識を適切なモデルで理解する」「戦略的に考える」という高度なプロセスさえ、部下が引き受けてくれるかもしれない。

 

 

そう、すべてのプロセスは、信頼できる「残りの脳」はからってくれる。

1%の自分は、全幅の信頼を置いて、彼らの仕事を信じるだけで良い。

(上司が部下の仕事にまで手を出すと、仕事はうまく運ばないかもしれない)

 

こう理解すると、瞑想は本当にシンプルになってくる。

会社運営みたいな瞑想

 

瞑想をするというのは、会社を立ち上げて、うまく運営していくみたいなもんだ。

 

事業を立ち上げたばかりの時、一番最初は、自分ひとりきりで仕事をする必要がある。

セールスも会計もマネージメントも商品の発送も、全部ひとりでやる必要がある。

 

だけど会社がうまくいきはじめると、部下を雇って、ある程度の仕事を任せられるようになる。

最初は仕事を教えるのに手間がかかるかもしれないけど、だんだんと人が育って、部下も自分の判断で仕事が出来るようになってくる。

 

さらに事業が軌道に乗ると、逆に上司が部下に事細かに指示を出す必要はなくなる。

むしろ細かい指示を出してばかりでは、逆に彼らが育たない。

なので、あなたは彼らを信頼して、多くの仕事を任せることにする。

 

こうやって会社は1%の「信頼」を軸として、円満に運営されていくことになる。

これが会社運営の理想の姿だ。

 

 

 

 

人の幸福を願う練習 〜たとえば、人混みが苦手な人のためのトレーニング〜

人混みって、威圧感を感じないだろうか。

普段からマインドフルネスのトレーニングを積んでいても、なかなか、完全に苦手意識を克服するのは難しいと感じるかもしれない。

 

たとえば、呼吸に穏やかな意識を向けたり、次々に浮かび上がる思考を受け流したり、様々なマインドフルネスのテクニックを使っても、弱くないストレスを感じないだろうか。

むしろテクニックで対抗しようとした分、消耗して、どっと疲れを感じることだってあるだろう。

 

だけど、とっておき、秘密のトレーニングがある。

それが「人の幸福を願う」というテクニックだ。

目に映る人の幸福を祈る

やり方は簡単だ。

 

「目に映る人が、幸福でありますように」と祈りながら、歩くだけ。

これがうまくいけば、強力な効果を発揮する。

 

行き交う人たちの雰囲気や、表情なんかを見ながら、この言葉を心の中で繰り返して、穏やかな気分や、優しさを感じられるかどうか、試してみる。(あくまでも、試してみるだけ)

心の準備さえ整っていれば、きっと特別な気分を感じることが出来るだろう。

 

f:id:yumainaura:20170722190536p:plain

 

何より、このテクニックを使う事自体が楽しいし、ストレスのレベルもグンと低くなる。

むしろ色々な人の様子を見るのが楽しくなって、癒やしさえ感じられるぐらいだ。

 

「人の幸福を願う」というテクニックは強力だ。

なぜなら「自分のためにテクニックを駆使する」というのとは、根底から別のベクトルを向いているからだ。

うまくいかない場合

ただ「人の幸福を願う」というのは、案外、難易度が高い。

他の色々な要素が安定していないと、なかなかうまくいかないかもしれない。

 

たとえば「呼吸が整っている」とか「心の状態が安定している」とか「基本的な気分が良い」とか、様々な条件が整っている必要がある。

 

もし人の幸福を願おうとして、心が反発を感じるようなら、それはきっと、今はまだ準備が整っていないということだ。

うまくいかないようなら、いったん中断して、基本的なトレーニングに戻った方が良いだろう。

(「落ち着いた呼吸をする」とか)

 

(ちなみに「難しすぎたら、シンプルなやり方に戻る」というのは、マインドフルネスのトレーニング全てに適用できるやり方だ)

人の幸福を祈るのも練習

重要なのは、人の幸福を祈るということを、モラルの問題じゃなく、1個のテクニックだと理解してみること。

 

こういう言い方をすると、人によってはエゴイスティックだと思うかもしれない。

だけど、心の中で人の幸福を願っても、人を呪っても、今日の夕飯のことを考えても良いのだから、どうせなら人の幸福を願ってみるのも悪くないだろう。

 

これを「モラルの問題だ」と理解してしまうと、

「自分には、人の幸福を祈る資格があるんだろうか」とか、

「自分でさえ幸福じゃないのに、人の幸福を願ってどうなるんだろうか」とか、また思考の渦につかまえられてしまうかもしれない。

 

あくまでも、これはテクニックだ。

あくまでも、これは練習だ、と理解してみること。

 

(練習なのだから、うまくいかなくても問題ないし、あとでやり直しても良い)

 

幸福の種をまく

心の中で祈るというのは、何の意味もない行為だ。

心の中で祈ったって、世界平和には、1グラムもプラスにならないだろう。

 

だがどうやら、意識のプロセスは、理屈どおりには動かないようだ。

 

このテクニックがうまくいくと、自然と自分の心が優しくなって、人に対しても優しい心を持てていることに気付くかもしれない。

そして優しい心を持つと、自然に、人への接し方も優しくなるかもしれない。

 

個人的な経験で言っても、このトレーニングをした後に誰かに会うと、より優しい気持ちで話しかけられたり、いつもはしないような親切をすることが多い。

 

つまり「心の中で思うだけで、何にもならないような行為」が「実は、自分の心に影響を与えて、人にも影響を与える」ようなのだ。

(もちろん、自分だけに影響があるとしても、相当なプラスになる)

 

つまり、行き交う人たちの幸福を願うことは、例えその人たちに直接影響を与えなくても、まわりまわって、人類に幸福の種をまいていることになる。

 

集中と拡散のパターン ( マインドフルネスは筋力トレーニングに似ている )

モデル1. 集中 > 拡散

マインドフルネス後レーニングでは、まず最初に、集中することを学ぶことになると思う。

 

なので、

 

「集中するのは良いことだ」

「心がさまようのは悪いことだ」

 

という理解をすることになるだろう。

僕の場合もそうだった。

 

 

f:id:yumainaura:20170722144616p:plain

 

最初は、ほぼ心は「さまよい=拡散」の状態にあるだろうから、ある意味、このモデルを描くことはただし。

 

なぜなら、どんなに集中を心がけても、すぐに心は「さまよい」の状態に引き戻されるだろうから。

「集中=良いこと」というモデルが有効に働くだろう。

モデル2. 集中 <= 拡散

本によっては

「心がさまよっても、練習だから、残念がらなくて良い」

「また気付いところから、集中を始めれば良い」

「それが経験になる」

と書かれているものもある。

 

これはトレーニングを続ける上で、重要なポイントだ。

なぜなら「心がすぐにさまよう、俺はダメな奴だ」なんて思うより「さまよいに気付くのも、必要なプロセスだ」と理解した方が、ずっとトレーニングを続けやすい。

 

 

 

 

f:id:yumainaura:20170722145341p:plain

モデル3. 集中 <=> 拡散  

さらにトレーニングを続けていると、

心は必ず、本来から持っているパターンとして、集中と拡散を繰り返すものだと気付くかもしれない。

 

それがたとえ、目に見えないぐらい小さなレベルだとしても、

意識は固定された状態で、ずっと集中していたり、ずっと拡散していたりということはない。

必ず波があり、ゆらぎがあり、パターンがある。

 

 

そう、実のところ、集中と拡散、この二つを繰り返すこと「こそ」が良いトレーニングになっているのだ。

つまり、集中だけが良いのではなく、拡散だけが良いのではなく、この繰り返しこそがトレーニングの本質になる。

 

f:id:yumainaura:20170722144921p:plain

 

 

マインドフルネスは筋力トレーニングに似ている

 

これはいくつかの本にも書かれていることだが、マインドフルネスのトレーニングは、筋力トレーニングに似ている。

 

筋肉をずっと緊張させるのではなく、ずっとリラックスさせるのではなく、緊張とリラックスを繰り返すことで、筋力は上昇する。

たとえば、バーベルを上げ下げするときのように。

 

 

瞑想をすると筋トレが上手くなる話 ( 筋トレが最強のソリューションである )

実は、瞑想をすると、筋トレも上手になる。

 

なぜなら瞑想は、意識と体を上手に使えるようになるトレーニングだ。

なので、瞑想でいつもやっていることを、筋トレにも活用すればいい。

 

筋トレが好きになれるか、なれないかは、ちょっとした意識の向け方で決まる。

なので、特に「筋トレが嫌いで、やりたくない」と感じる人にはオススメだ。

 

たとえば腕立て伏せ

たとえば、筋トレが嫌いな人は、筋肉を動かすことを「嫌だなあ」と感じているはずだ。

この「嫌だなあ」という感じに対して、意識の向け方を工夫してみれば良い。

 

客観的な観察

腕立て伏せをしながら、苦しいと感じている体や、自分の意識を、客観的に観察してみる 。

外部化

「腕立て伏せを嫌がっている意識」や「苦しいと感じている体」を「自分自身ではない」と感じてみる。

「体がそう感じているだけだ」と「外部化」してみる。

 

ちなみに筋トレが大好きな人は、筋肉を「自分とは別人」だというイメージを描いているらしい。

変化

腕立て伏せをする前と、した後で、体の感じ方や、圧力が変化するかどうかを観察してみる。

やっている間は苦しいけれど、やった後は、意外と心地良さを感じるかもしれない。

上書き

腕立て伏せをした後に、体に心地良い感じが広がっていくのを、感じ取ってみる (腕立て伏せ=心地良いというイメージを、脳に刷り込ませる)

 

「苦しい」を「楽しい」に書き換えられたら、最強じゃないか。

「楽しい」ことはもっとやりたくなるし、続けたくなる。 

筋トレのイメージを変える

瞑想的な手法を使うと、

こんな風に、今までとは別のアプローチで取り組むことが出来る。

 

僕らが知っているとおり、単に「苦しい、だけど続ける」というやり方だと、続かない。

だけど、意識にうまくアクセスできれば、それよりずっと手札も増えるし、習慣化できる可能性も高くなるはずだ。

 

他のトレーニングと同じで「苦しいなあ」というイメージが習慣化していると、何度もそのイメージに引き戻されるかもしれない。

だけど根気強く、それを「心地よいもの」「楽しいもの」に、少しずつ書き換えていくと良いだろう。

 

逆に、筋トレを瞑想に活用する

瞑想をすると、筋トレが上手くなる。

そして筋トレが好きになると、瞑想に活用できる。

 

たとえば瞑想をしながら眠くなったとき、

腕立て伏せやスクワットをしてみると、眠気が吹き飛んだりする。

そして「筋トレが体に起こした変化」を観察対象にも出来て、一石二鳥だ。

 

「なんか、意識や体が退屈してきたな」という時にも刺激になる。

 

おすすめの本

f:id:yumainaura:20170722113120p:plain

「マインドフルネス」と「やり抜く力”GRIT”」の共通点

マインドフルネスのトレーニングでは、全てを練習だと考える。

 

たとえば、

  • 心を集中させるのは練習でうまくなる
  • リラックスする能力は練習でうまくなる
  • ぼーっとするのは練習でうまくなる
  • 人の幸福を願うのは練習でうまくなる

というように。

 

「あらとあらゆる」とまで言って良いか分からないが、

「心の能力は、トレーニングで上達する」というのが、マインドフルネスにおける大前提だ。

 

なので「やり抜く力”GRIT”」などに書かれている「柔軟なマインドセット」の考え方と、非常にマッチしやすい。

人間の能力は僕らが思うよりも、はるかに固定度が低く、練習によって伸ばせるという考え方だ。

 

つまりマインドフルネスのトレーニングを積むことによって、

僕らは「柔軟なマインドセット」も育んでいることになる。

 

f:id:yumainaura:20170722013633p:plain

 

f:id:yumainaura:20170722014053p:plain

 

逆にいくら本で情報を得て、頭では分かっているつもりでも、具体的な心のトレーニングなしでは、マインドセットが自然に変わる可能性は低いだろう。

 

その点でもマインドフルネスのトレーニングはオススメだ。

ポイントは、適切な情報を「机上の空論」から「具体的なトレーニング」に落とし込めるところ。