マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

朝型になろう。早起きできない人のためのモーニングメソッド。

寝転びながらも、眠くならない方法。

朝早く起きて、二度寝をせずに、体を目覚めさていく方法。

 

たとえば、あくびをする。

たとえば、体を伸ばす。

たとえば、大きく呼吸をする。

言葉で書けば単純だが、これを絶妙なタイミング、強度、モーションでおこなってゆく。

 

決して、大きな動きをする必要はない。

ほんのちょっとした微妙な動きを繰り返していく。

これを1回の儀式で終わらせずに、コンティニューで続けていく。

こうやって体をだんだんとブートアップしていく。

 

エッセンスは「心地良く感じる、なおかつ、目を覚ますような動き」をすることだ。

 

体の中に「睡眠圧」を感じる度に、それを解消するような「動き」をしていくような感覚。

たとえばサーフィンでいえば「波が来たら乗る」という感じ。

波から落ちると眠りに落ちてしまうが、波に乗り続けることで、覚醒状態を保つことが出来る。

 

そもそも睡眠時間が足りていることは大前提だが、これはかなりの効果がある。

朝起きて、だんだんと体を動かして、覚醒状態を作ることが出来る。

 

 

 

僕が今日気づいたことは、たとえ布団の中にいても、目覚めを保つことが出来るということ。

むしろ覚醒状態を高めることが出来るということだ。

 

この方法で、僕は朝4時に起きて、眠くならないまま、2時間ほどの読書に成功した。

2時間の間中、身体感覚のバランスを取り、覚醒状態を高めながら、ものすごく心地良い状態で本を読んで、なおかつ集中することが出来た。

 

寝床で置きたてに本を読むのが、ものすごく集中できるシチュエーションだということには気付いていた。

だが成功するのは稀で、眠気が邪魔をして、ほとんどの場合は眠ってしまっていた。

 

身体感覚の中の「眠気」にさえ対処できれば、眠気を防ぐどころか、覚醒状態を高めることが出来る。

眠気や覚醒レベルは、自分の体の使い方ひとつで、どうにもコントロールする事が出来る。

 

「布団に入ったら眠くなる」とか、「顔を洗ったら目覚める」とか、そういった単純なことだけではないのだ。

布団に入っていても、顔を洗っていても、つまりは「体の使い方」ひとつで、覚醒レベルが変わってくるようだ。