マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

瞑想では身体感覚が超重要

いつでも迷った時は、身体感覚に戻ってこよう。

 

本によっては「身体感覚に気付くことがマインドフルネスの助けになる」と書かれているものもある。

 

だが、こいつは助けどころではない。

身体感覚はマインドフルネスや集中力の大前提、絶対に欠かせないものだと僕は思っている。

 

特に身体感覚の中で、心地良いもの(JOY)を探す習慣は、ものすごく大きな能力だ。

なぜなら、たとえば瞑想をするにせよ、読書をするにせよ、スポーツをするにせよ、ベースに心地良い身体感覚があってはじめて、楽しめるし、集中することが出来る。

 

身体感覚に対して敏感であれば、逆に心地悪い感覚が起きても、それに対処することが出来る。

サーフィンであれば波に乗ることが出来るし、パラグライダーであれば風に乗ることが出来る。

自己洞察力が高まるということも、究極のところは身体感覚に敏感になるということだ。