マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

人間らしい1日を過ごすために

目覚めた時。

 

1日の始まりに、エネルギーが溢れている。

たとえば体のどこかに火があるとしたら、それが優しく燃えている状態。

心の中に星があるとしたら、それが輝いている状態だ。

 

30分間の瞑想をしても、まったく苦にならない。

1時間、2時間と続けられそうな気がする。

たくさんの文章を書きたくなるし、たくさんの本を読みたくなる。

冷たい空気の中を歩くのも心地良く、朝のカフェで飲むコーヒーは美味しい。

「毎日、こんな気分で目覚められたら良いのに」と思う。

 

人間が生きるということは、こういうことだ。

そして普段、生きることの美しさを、完全に忘れてしまっているのが、僕ら人間だ。

 

こんな素晴らしい朝は、今までの人生で、ほんのたまに、偶然に訪れてはすぐに消えていった。

だけどそれは単なる偶然じゃない。きっと、多くの前提条件が揃った。そのタイミングが、偶然に訪れたというだけの話だ。

つまり、多くの前提条件さえ揃えることができれば、偶然に頼らずに、当たり前のように、人間らしい1日を過ごすことが出来るはず。

 

たとえば、良質な睡眠を取ること。

そのために、戦略を練って睡眠計画を立てること。

日頃から睡眠負債を減らしておくこと。

休日でも平日と同じ時間に起きること。

瞑想の時間を長めに取ること。

なるべく多い回数、瞑想の時間を作ること。

ミニマリズムを実践して、多くの物事がシンプルな状態にあること。

思い煩わされることが少ないこと。

適切な習慣作りをして、雑然とした選択肢を減らしていること。

難易度が適切な運動をすること。階段を登ったり、歩く習慣を身につけること。

自然の近くを歩くこと。美しい景色に見とれること。

読書をして間違った世界観から抜け出していること。

読書をして適切な人間像を描くこと。幸福そのものに対する理解があること。

行きつけのカフェがあること。カフェで注文する時、店員さんの笑顔に癒やされること。

カフェでの注文が決まっていること。自分が今「何を飲みたいか」ということを、知っていること。

 

ここで書いたのはほんの一例で、本当はもっと多くの土台作りがあり、土台作りのための土台作りがある。

1つの物事が機能するためには、他多くの物事が機能している必要がある。

たとえば「良質な睡眠をとる」ということだけでも、他の多くの「機能」によって成り立っている。

だけど逆に、1つの物事が機能するということは、他の物事も機能し始めるということでもある。

 

ものすごく多くの物事が組み合わさって、特定の1日が訪れる。

人生の中で、すごく貴重なはずの1日。

そしてその始まりと、途中と、終わり。

 

昨日よりも少しでも美しい、意義のある1日を過ごせるならば。

人生の美しさに感謝を抱けるならば。

僕はどんなことをしても良いし、どんな勉強だってしたいと思う。

 

f:id:yumainaura:20180123084902p:plain