マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

クールダウンの時間予測

たとえば、心を落ち着かせるために瞑想をする時。

 

何分ぐらいで心が落ち着くだろう? と予測を立ててみる。

もしくは、何回の呼吸で心が落ち着くだろう? と予測を立てる。

そして、その回数まで呼吸をカウントしてみる。

 

「読書でエネルギーを消費したと思うから、30回呼吸を数えてみよう」

「今はかなり脳のタービンが回っているから、落ち着くまで呼吸60回は必要だろうな」

 

なんていう風に、目を閉じて瞑想をしてみる。

僕の実感では、呼吸を30回もカウントすると、まるで気分が変わってしまう。

 

こうやって予測してみるメリットは、二個ある。 

 

ひとつは、予測を立てることで、最初から余裕を待てること。

もうひとつは、自分の変化を観察しやすくなることだ。

 

脳の追求スイッチが入っている時、その感覚は支配的だ。 

それが、あくまで一時的な状態だと認識しづらい。

袋小路から抜け出すには、理性で考えて対策を取る必要がある。

なぜなら、既に感覚は支配されている状態だからだ。

 

だから理性で予測を立てて、感覚が変わるかどうかを実験してみる。

予測を立てるということは、理性と感覚が手をつないで、協力し合うための方法だ。