マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

「まずはシンプルな状態を作る」というルール

家に帰ってからおこなう物事の手順は、何かと複雑だ。

 

何から順番にやったら良いのか、途方に暮れたように感じることもあった。

順番が決まっていないことで、何かと落ち着きの無さを感じていた。

 

だけど、「シンプルな状態を作る」というチャンクで理解することによって、物事が一気にシンプルに進むようになった。

 

たとえば、

 

  • 靴をそろえる、洋服を片付ける
  • 手を洗う、髭を剃る、歯を磨く、入浴する
  • 洗濯物があれば洗濯機を回す、洗濯物が乾いていれば取り込む
  • 買い物をしてきた時は、すぐに適切な場所に整理する
  • 部屋を片付ける、ゴミ箱を綺麗にする
  • 翌日の食事を作っておく
  • 毎日、寝る前にしている習慣、ストレッチなどをする

 

というようなことは、一見バラバラなことをしているようであって、実はすべて「シンプルな状態を作る」という単位にまとめることが出来る。

 

まずはシンプルな状態を作った後に、ブログを書いたり、瞑想をしたり、重要なことをすれば良い。

 

「まずはシンプルな状態を作る」という手順で物事を進めのは、先に投資をして、あとに大きく回収するようなものだ。

これを繰り返すことと、物事の状態がシンプルに保たれているから、メンテナンスのコストは日に日に下がっていく。

そして、さらにシンプルな状態を保つのが簡単になる。

 

 

f:id:yumainaura:20180108233730p:plain

 

ところで、なぜシンプルな状態が大事なのか。

それは、 マインドフルネスはシンプルな状態に宿るものだからだ。

 

雑然とした状態の中に、マインドフルネスは存在しない。