マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

マインドフルネスは最高級料理のレシピ作り

人間の状態というのは、僕らが頭でおこなう想像よりも、実ははるかに複雑だ。

 

たとえば料理にも、無限の組み合わせやレシピ、味わいが存在するように。

人間の状態も、それぞれの要素が複雑に組み合わさって、千差万別の味を生み出している。

 

だから、たとえば幸福感にも、他のソースや食器、温度などとの組み合わせで、無限のニュアンスが存在すると思う。

 

幸福感を感じつつ、同時になんとなく、そわそわしている感じ。

(例えば高級料理を食べながら、お会計を気にしているような)

 

幸福感を感じつつ、なおかつ心に余裕があり、美しさを感じている状態。

(例えば、とても大事な人と、お祝いのディナーを楽しでいるような)

 

同じ幸福感でも、その「幸福さ」には、かなりの違いがあるみたいだ。

 

たとえば僕が思うのは、幸福感を感じており、なおかつ自分を客観視できている状態は、とても良い。

エゴや自我というものが限りなく薄くなっている時に、そいつを一番「美味しい」と感じる。

 

「人生には、残り時間がある」

「残り時間があることを、とても美しいと感じる」

「残りの人生の中で、こんな幸福を、どれぐらい経験することが出来るか、楽しみになる」

 

人生の料理が、このような「幸福な組み合わせ」に達するためには、地道に、料理のレシピを研究していくのが良い。

だけどレシピが完成に近づくにつれて、幸福は確実に自分の元に近づいてゆく。

いわばマインドフルネスのトレーニングは、幸福のレシピ作りだと言っても良いだろう。

 

幸福感があり、なおかつ、それに執着を抱いていない状態。

睡眠がよく取れており、歩くならば自然の近くを歩き、シンプルな生活を実践し、スマホにもわずらわされず、仕事では能力を発揮して、

様々な要素が絶妙に組み合わさって、最高の味の料理が楽しめる。

 

「料理なんてどれも同じだ」と思うなら、それはそれで良い。

だけど「最高の料理を味わいたい」と思うなら、レシピの研究は欠かせない。

そして、いざ良いレシピが出来上がって、素晴らしい料理を食べた時の感動は、何にも替えがたいのだ。

 

ジャンクフードを人生で何百回食べようと、最高のフルコースにはおよばない。

マインドフルネスの実践は、料理のレシピ作りのようなものだ。

 

f:id:yumainaura:20180115180743p:plain

 

 

料理を差し出しているシェフのイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや