マインドフルネスやってみた

瞑想と人生のレシピ作り

ジョイ・オン・デマンド VS アクセプタンス (脳の友達作り)

マインドフルネスのトレーニングは、大きく二種類に分けて、

 

  • プラスを増幅する方法
  • マイナスを受容する方法

 

が存在すると思う。

このどちらを選ぶべきなのだろうか?

 

友達と飲みに行く

 

たとえば自分の感覚の中で、プラスのものに注意を向けて、それを増幅するのは、既に親しい友人と飲みに行くようなものだ。

既に親しい友だちとも、酒を酌み交わせば、さらに仲良くなることが出来る。

 

逆に、マイナスのものを受容するのは、新しい友達を作るようなものだ。

まず、相手のことを理解することから始める。

たとえ自分が苦手なタイプの相手でも、よく話せば、何か理解できる部分があるかもしれない。

運が良ければ仲良くなることも出来るかもしれない。

 

片方は、既に存在する脳のシナプスの通り道を、さらに広げて強化しようとする。

もう片方は、脳のシナプスに、新しい通り道を作ってあげる行為だ。

 

目的は同じ

 

トレーニングをする時は、プラスを増幅するか、マイナスを受容するか、どちらを選ぶか迷うかもしれない。

だけど実は、この二つは矛盾するものではない。

どちらも目的は「良い人間関係を作ること」だからだ。

つまり、自分の脳と上手に関係できるようになるのが目的だ。

 

f:id:yumainaura:20180106162244p:plain

f:id:yumainaura:20180109001143p:plain