マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

天国にインスタ映えする写真を送る

すごく綺麗な景色を見た時、僕らはスマホで写真を撮る。

何か変わったものを見つけた時、スマホで写真を撮る。

そしてソーシャルでシェアする。

まるでソーシャルに存在しないものは、世界に存在しないかのように。

 

だけどそれで、体験の扉が閉じられてしまってはもったいない。

薄められたスープを飲むのは美味しくない。

 

それよりも美しいのは、自分の感覚を通して、決して消えない世界に体験を送ることだ。

それを「天国」と呼んでも良いだろう。

(とても美しい経験は、天国の近くにあるように感じられるから)

 

ソーシャルよりも、自分の感覚を信用することは、美しい。

目の前で起きている現象を通して、世界にアクセスすることは美しい。

それはスマホを通して世界を見るよりもずっと大きな体験だ。

 

決して「スマホで写真を撮るな」とは思わない。

僕もスマホで写真を撮るのは好きだ。

だけど、それよりも大事なのは、体験の扉だということは覚えておきたい。

スマホが主役の場に踊り出てきてしまうのは、何か違う。

主役はあくまでも自分たちの、一瞬一瞬の感覚だ。

 

それに、いくらスマホで写真を撮っても、いつかは僕らの肉体も、スマホもインスタも消えてしまうのだ。

だけど僕らが「体験」に集中する時、それは永遠の世界に対して写真をアップロードしているのと同じだ。

 

もちろんこれは例え話だけど、僕はなんだかそんな感覚がした。