マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

神に出会うために生きる ( 物事の説明の話 )

物事の説明

 

世の中には多くの物事が存在する。

そしてそれよりも多くのバリエーションで、物事の説明も存在する。

 

僕自身は特に、物事をうまく説明したいと思うタイプの個体のようだ。

物事をうまく説明できないと、なんだか落ち着きが悪い。

 

価値基準、目指す方向が明確であれば、どれだけ生きやすくなるだろうか。

「価値基準が明確でないことによる不幸」は、人間にとって、ものすごく大きいものだと思う。

 

だから「物事を総括的に説明できるキーワード」が欲しいと、常日頃から考えている気がする。

 

全てを説明できる?

 

今、自分が何のために、何をしているのか。

 

たとえば、瞑想をするのは、何のためなのか。

読書をするのは、何のためなのか。

文章を書くのは、何のためなのか。

ひとつひとつの要素に対して、単独の説明は決まっても、それぞれの要素は矛盾していたりする。

それは「矛盾しながら生きている」状態であり、葛藤を生み出す。

 

瞑想をしながら、文章を書きたいと思ったり。

文章を書きながら、運動をしたほうが良いんじゃないかと思ったり。

運動をしながら、仕事の勉強のことが頭によぎったり。

バラバラな価値観を抱いたままだと、人間の脳は混乱をきたしたままで、道をまっすぐに歩くことさえ難しい。

 

僕にとって、いま現在、全てを説明できそうなキーワードは「神を見つける」とか「神に会いにいく」とかいうキーワードだ。

 

「全てを説明できる」というところが重要だ。

なおかつ、身体感覚として完全に納得できるものでなければいけない。

体が納得していない、頭で考えた言葉で物事を説明しても、空虚なだけだ。

 

肉体

なんのために運動をしたり、食事に気をつけたり、睡眠を改善したりするか。

それは神に会いにいくためのコンディション作りだ。


なぜならコンディションが悪い時に神を感じるのは難しい。

 

ミニマリズム

なぜミニマリズムを実践するか。

それは日常の生活の中で、神に出会いやすくするためだ。

 

雑然とした生活をしていれば、神に出会うチャンスはぐっと減ってしまう。 

もしくは全然なくなってしまうかもしれない。

 

集中力

なんのためにシングルタスクを実践したり、集中力を上げたりするか。

それは人間が集中力を発揮する状態の中に、神が宿っているからだ。

 

より良質なフロー状態に入る時は、より神の近くに居る気がする。

 

学習

なんのために本を読むか。

それは自己発見をするためだ。

自己発見をするということは、神を見つけるということでもある。

 

実は僕らは自分自身や、世界のことを何ひとつ理解していない。

自分を理解せずに神に出会おうなんて、こんなに非現実的な話はないのだから。

 

アウトプット

文章を書くのは何のためか。

それは神に出会うためだ。

 

文章を書くということは。自己発見をするということだ。

自己発見をすればするほど、神の場所に近づくことが出来る。

 

そして文章を書いている時、脳で起こるプロセスにも、神が宿っている。

 

瞑想

なんのために瞑想をするか。

それは自己発見、自己洞察、集中力、自己理解など色々な要素を単独でトレーニングして、やがては有機的に働かせるためだ。