マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

神は身体感覚に宿る

最近、理解したこと。

身体感覚の中に神はいる。

 

神を感じている時はいつでも、身体感覚の中に神を感じている。

決して言葉や思考の中ではない。

そんな素早くい場所には彼はいない。

 

これは恐らく、神を見つけている瞬間にしか分からない感覚だ。

 

「神を感じたい」といくら言葉で思っても、まず見つからないのはこのせいだ。

僕らが偶然に神を見つけることがあっても、それを頭の中で考え始めたとたんに、身体感覚はそれを失ってしまう。

 

たとえば人が安心や幸福感を感じる時、そこには必ず「あたたかい」という身体感覚がある。

神を感じている時も、同じように特定の身体感覚がある。

 

だから自分の身体感覚にアクセスするということは、神にアクセスするということでもある。

 

(なぜ瞑想では「身体感覚」を重視するのか。これで話がつながった!)

99.9%

身体感覚とは何か。

それは「思考ではない全てのもの」と言える。

 

思考は世界の0.1%でしかないが、その0.1%が、僕らの頭の中で何度も何度も、膨大な回数繰り返されている。

本当に雑多な状態だ。

 

残りの99.9%にアクセスする道は、ほとんど閉ざされている。

 

瞑想のトレーニングをするのは、この99.9%にアクセスできるようになるための方法だ。