マインドフルネスやってみた

瞑想と人生のレシピ作り

神に捧げる瞑想

僕にとって、最高の瞑想のテーマは

「神に捧げる」

だと思った。

 

「幸福感を感じる」「自分に問いかける」

「心地良さを探す」「思考を受け流す」

 

など、他のテーマよりもずっと上位にある概念。

それが「神に捧げる」という言葉。

これは究極に近いんじゃないかと思った。

 

ギブ

神に「捧げる」というところがポイントだ。

 

「神と出会う」とか「神が降りてくる」というと、これは神から「受け取る」ことになる。

だけど「神に捧げる」というのは「与える」行為だ。

 

ギブアンドテイクでいうところの「ギブ」だ。

「テイク」よりも「ギブ」の方がはるに強いエネルギーを持っている。

 

ところで神という表現を僕は気に入っているけれど、個人個人で「究極」を感じられるフレーズは違うかもしれない。

たとえば「瞑想が瞑想をする」とか「自分ではなくブッダが瞑想をする」とか「宇宙的なものにアクセスする」とか。

 

f:id:yumainaura:20171231093022p:plain

自由な旅 

 

瞑想というのは、フリースタイルのロールプレイングゲームみたいだ。

あまりに自由な場所に行けるので、どちらに向かって歩くのが一番良いか、分からなくなるときがある。

 

モンスターを倒して経験値をためることも出来るし、街の人と話すことも出来る。

武器屋でアイテムを選ぶことも出来るし、カジノで遊ぶことも出来る。(RPGで言うならね)

 

だけど「何をするか?」に迷った時は、本来の目的を思い出すのが良い。

ただシンプルな目的。それは「姫をとらえている最後のボスを倒すこと」だ。

 

同じように瞑想でも、ただひとつのシンプルな言葉が欲しい。

道に迷った時に、いつでも思い出せるような、シンプルな目的が。

 

それが僕にとっては「神に捧げる」なのだと思った。