瞑想の指導者がそれぞれバラバラなことを言う理由

瞑想の指導者も人間だ。

他の人の体を借りて瞑想するということは出来ないし、他の人の人生を体験することも出来ない。

 

瞑想を実践するのは「自分の体」であり「自分の心」でしかない。

だから必然的に、その教えも個人の色を強く反映することになる。かなりのばらつきが生まれても当然だ。 

 

だからたとえば瞑想関係の本で、指導者が「絶対にこうしなさい」と書いていても、あまり気にする必要はないと思う。

指導者であるにも関わらず、いや、指導者だからこそ「自分の体験」という罠にはまりこんでいるかもしれないのだから。

 

「平均的な人間」は存在しない。

 

f:id:yumainaura:20171014101537p:plain

 

科学によって瞑想のベールが剥がされたとはいえ、それぞれ個人にとって何が最適な瞑想なのかという測定は難しい。

 

だから瞑想のやり方は、自分が気に入る方法でやろう。

料理の味付けを、自分で決めて良いのと同じように。

 

「最も優れたものは、自分の体が知っている」