瞑想すればするほど瞑想との付き合い方がうまくなる

瞑想には本当に良い特徴がある。

それは瞑想をすればするほど、瞑想自体との付き合い方がうまくなるということだ。

 

「瞑想がうまくなる」ことは当たり前だ。

だけどそれに加えて「瞑想との付き合い方」がうまくなる。

 

 

メタ瞑想

 

最初に瞑想を始めたころは、まずは瞑想すること自体への疑いや、焦りが生まれてくるかもしれない。

 

「こんな瞑想に何の意味があるんだろう(疑い)」

「瞑想を続けてるのに、全然心をコントロールできない(無能感)」

「きっと他の人はもっとうまく瞑想が出来るんだろう(比較)」

「瞑想で一刻も早く苦しさから逃れて、幸福に近づきたい(一体どれだけ努力すれば良いんだろう)」

 

などなど。

だけど瞑想を続けるうちに、次第に心に余裕が生まれてくる。

 

「瞑想に意味があろうとなかろうと、どちらでも問題ない」

「さっき、頭が雑念でいっぱいだったけど、別に大きな問題じゃない」

「時間をかけてゆっくりと、少しずつ幸福に近づいていけば良い」

 

このようにメタ的な「余裕」が生まれてくると、好循環のサイクルに入ったと言える。

 

まさに富める者はさらに富む世界だと言える。

しかもこの世界の門は、無料で誰にでも開かれている。

 

瞑想を続けている人へ

以前よりも「瞑想すること自体」への疑いが、弱まってきていないだろうか?

もしそうなら、それはとても良い傾向だ。

 

僕らは多くの場合、ほんのすこしずつ、ゆっくりと幸福に近づいてゆく。

瞑想をするということは、生涯をかけて、少しずつ人生の基礎を作っていくということだ。