瞑想と運動のどっちが良いの?

片方を選ぶ必要はない。

どちらを選んでも良い。片方でも、両方でも。お好きなように。

 

だけど例えば「どちらに統計的な効果が高いか」ということを問うのは、それほどの意味はないと思う。

どちらも科学的に、脳の働きを大きく改善してくれることが証明されている。(らしい)

 

大事なのは、どちらを自分が好きになれるかじゃないだろうか。

どちらが自分にとって親しみやすいか。どちらが「入り口」を開いてくれそうなということだ

 

瞑想で運動が好きになった

僕の個人的な感想で言うと、

瞑想を始めたおかげで、以前よりずっと運動が好きになった。

 

なぜなら、瞑想は意識をコントロールする訓練だ。

そのおかげで運動をしている時も「体を動かす心地良さに注意を向けてみよう」とか「自分に適切なレベル調整をしてみよう」とかいうことがしやすくなったのだ。

 

もし瞑想をしていなければ、運動を好きになるきっかけは掴めなかったと思う。

きっと苦しかったり、レベルを上げすぎたりで、すぐにやめてしまったことだろう。

瞑想を続けていたからこそ、僕は自分の体に「聞く」ことがうまくなって、運動との付き合い方も上手になったように思う。

 

運動が瞑想をサポートする

逆に今では運動をすることが、瞑想を大きく助けてくれている。

運動で体の調子が整っていると、瞑想でも集中しやすいし、体がとても心地良い感じになる。

 

たとえば座り続けることに飽きたら、ちょっと体を動かしたりして、瞑想にアクセントをつけることが出来るようにもなった。

心が心だけで出来ているんじゃなくて、肉体が深く影響していることも分かった。

 

人はひとつ良いものを見つけると、そのひとつの手段に頼ろうとする傾向がある。

瞑想なら瞑想だけですべてを解決したいし、運動なら運動で万能になれそうな気がする。

それも良いだろう。

 

だけど実は運動と瞑想は、とても似ている部分がある。

たとえばウルトラランナーは競技の最中に、神を見るような気持ちになったりするらしい。

入り口は違うけれど、たどり着ける場所は似ている。

 

お互いを別のものだと思わずに、同一のものだと理解する。

僕らが分け隔ててしまっているだけで、元々はひとつのものなのかもしれない。

 

f:id:yumainaura:20171008001226p:plain