金の卵の話 〜瞑想がマイナスになる?〜

瞑想のトレーニングを続けていると、

「気付いてしまうこと」

の罠に気付くかもしれない。

 

例えばついさっきまで、とても良い気分だったのに、

「良い状態だ」ということに気付いた瞬間に、状態が崩れてしまうことがあるかもしれない。

 

そんな時は、意識をコントロールして元の状態を取り戻そうとしても、なかなかうまくいかない。

 

必要なのは、まったく逆のやり方。

「なるべく状態を壊さないこと」だ。

 

 

f:id:yumainaura:20170923152902p:plain

 

金の卵のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

卵を握りつぶすな

すごく良い状態というのは、言ってみれば、

金の卵を手に持っているみたいなものだ。

 

だけどいったん自分が「金の卵を持っている」ということに気付くと、慌てて握りつぶしてしまう。

本当は「ただ持っている状態」を、なるべく壊さずに、手付かずの状態で置いておけば良い。

 

このことを理解してから、僕は自分の「良い状態」に気付いて、なおかつそれをキープ出来るようになってきた。

 

頭と体

僕らが「とても良い状態」にある時というのは、あまり頭で考えず、体全体がうまく機能しているときだ。

僕らの無意識が統合的にバランスを取っていると「とても良い状態」は現れる。

 

だけど「とても良い状態」に「思考」が気付いてしまうと、

思考は「この状態を続けなきゃ」とぐるぐると回り始める。

僕らは体を離れて、頭で状態をコントロールしようとし始める。

 

まったくフィールドが違う世界なのに、頑張って空回りしてしまう。

 

だがベストの状態は、頭ではなく体が知っている。

コツ

「頭」の世界を離れて、「体の感覚」を感じ取るトレーニングを、普段から積んでおこう。

たとえば風が肌に当たる心地良さ、地面に座っている心地良さなどを、敏感に感じ取れるようにしていくと良いだろう。