瞑想が天国だとイメージしてみる

今日、瞑想をしていたら、うとうと眠くなった。

そして30分間、眠った。

(30分のうたた寝は、体には最高らしい)

 

そして起きたら、体はふわっとした心地良い感じに包まれていた。

そしてそのふわふわした感じのまま、さらに30分の瞑想を続けた。

 

そこで僕は、天国を見つけたような気がした。

これが瞑想の専門用語で「スッカ」と呼ばれるものかもしれないと思った。

 

それまで、普段の瞑想は、僕にとって集中力を要するものだった。

呼吸に集中する。体の感覚に注意を向ける。

退屈を感じたら、また注意を戻す。

ある時は、ぐるぐると回る思考を整理する。

だけどリラックスすると、10分程で眠くなったりして、そのまま眠りにつく。

 

しかし今日は「リラックスの先にあるエリア」を見ることが出来たように思う。

 

はじめて、自転車に乗れた時の気持ち。

まだいつ倒れるか分からない。

ドキドキしながら、なるべく長い距離を走ってみようとする。

5分ぐらいは足をつかずに走れたような気がする。

 

は絶妙なタイミングで、ある程度の時間、瞑想を続けたおかげで、脳が自動的に「天国」を見つけてくれたのかもしれない。

あるいは僕が、意識的に「天国」を見つけようとしたせいなのかもしれない。

おそらくその両方が理由なのだろう。

 

だが今日僕が意識したことは、

「天国にいるみたいに、瞑想してみよう」というイメージを描いたこと。

すると、脳の中で「別のレベルの感覚」が動き出した。

どうやらふだん、僕がイメージを描いていたような「リラックスの延長線上」とは、まったく別のレベルに、天国は存在するようだ。

 

天国の扉を叩くためには、天国行きのチケットがなければいけない。

それは普通のチケットとは全く違う色をしていて、かなり違う形をしている。

たとえるなら、そんな感じ。

 

もし瞑想が天国なら、瞑想をすることは生活よりも楽しくて、いつまでだって続けたいと思うはずだ。

もし瞑想が天国なら、何度だってその天国に行きたいと思うはずだ。

 

 

要するに「楽しいことはやりたくなるし、続けたくなるし、上達する」ってこと。

 

f:id:yumainaura:20170811115240p:plain

 

天国のイラスト(背景素材) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

まとめ

  • 良好なコンディションで、まとまった時間の瞑想をしてみる
  • 「もし瞑想が天国なら」というイメージを描いてみる
  • 「自転車に乗れた」と思ったら、なるべく長く、その自転車で走ってみる