幸福のアクセス権を広げよう

マインドフルネスのトレーニングを積んでいても、最初は、なかなか幸福が見つけられないかもしれない。

 

 

f:id:yumainaura:20170731212435p:plain

 

 

幸福はごくたまに見つかる、ものすごく繊細なもののように思える。

かなり慎重に、注意力を払って、ごくたまに、ようやく、ほんの少しだけ見つかるもの。

 

こういう意味で「幸福はシャイだ」という言い方は当たっている。

 

 

 

f:id:yumainaura:20170731212544p:plain

 

 

 

だけど、もっと優れたイメージを描くことは出来ないだろうか?

いや、できる。

 

幸福は海に似ている

 

マインドフルネスのいくつかの本にも書かれているとおり、幸福は「果てしなく広がる海」のようなものだという理解だ。

 

普段、僕らが「アクセスできていない」だけで、幸福は海のように、心のベースに広がっている。

そして、アクセスする訓練を積むことで、ときおり顔を覗かせる。

 

f:id:yumainaura:20170731212724p:plain

 

 

つまり、幸福を見つけるというプロセスは、

この「海」にたいするアクセス権を広げていくということだ。

 

このモデルでは

 

  • 幸福を見つけるのには努力が必要
  • 幸福はとてもシャイ (僕らのアクセス権が小さい場合は)
  • 幸福は無尽蔵に存在する

という理解が、すべて同時に成り立つ。

優れたモデルを描こう

そして僕の考えでは

「より優れたモデル」は「より優れた成果」につながる。

 

幸福に対しても、より良いモデルを描くことで、より適切な方向に、諦めずに、地道に進んでいくことが出来ることだろう。