ビギナーズマインドを育てよう

マインドフルネスのトレーニングに慣れてくると、

技術面は向上するけれど、ビギナーズマインドが低下してくるかもしれない。

 

つまり「慣れてきて、初心を忘れる」という現象が起こる。

武芸やスポーツと同じで、マインドフルネスでもこれが中級者の罠だと思う。

 

 

f:id:yumainaura:20170731211355p:plain

 

 

だけどマインドフルネスの良いところは、

この「ビギナーズマインド」さえ、ひとつのスキルとして育てられるということだ。

 

f:id:yumainaura:20170731211500p:plain

 

 

やってみよう

具体的なやり方としては

 

「まるで、初めて呼吸するかのように、呼吸してみる」

「はじめてマインドフルネスを実践するみたいに、実践してみる」

「可能な限りマインドフルな、喜ばしい呼吸をしてみる」

 

これは「今まで使っていなかった筋肉を使う」みたいで、ちょっと難しく感じるかもしれない。

だけど新しいスキルを身につけるときは、必ずもどかしさや、うまくいかない感じを覚えるもんだ。

 

だけどマインドフルネスの基本的な技術を身に着けた後であれば、きっとこれも「練習次第で伸ばせるスキルだ」と理解して、ビギナーズマインドを伸ばしていくことが出来るだろう。

 

意識的な訓練をしよう

初心者の頃は、新鮮な気持ちで、自動的に「ビギナーズマインド」が訪れたかもしれない。

だけど中級者になった後は、意識的に「初心を取り戻す訓練」をしていくのが良いと思う。

 

意識的な訓練で、心の能力は伸ばすことが出来る。

これがマインドフルネスの基礎的な理解なのだから。