呼吸のクオリア 〜ビギナーズマインドを取り戻す〜

呼吸には質がある。

 

 

「マインドフルな呼吸」。

「心地良い呼吸」。

 

質感とか、クオリアとでも言えば良いだろうか。

「スピード」や「量」だけでは測定できないもの。

 

呼吸の「ニュアンス」が存在する。

 

そしてどうやら、マインドフルな気持ちは、マインドフルな呼吸と、強く関係しているみたいだ。

 

呼吸が関係するのは、単に、体や心の状態だけじゃない。

心が感じ取る「質感」も、呼吸の「質感」と連動しているような気がした。

 

 

マインドフルネスの質感

「マインドフルネスな質感」は、存在するものだった。

 

 

ビギナーズラックとでも言うんだろうか。

トレーニングを始めたばかりの頃、偶然にも僕は、マインドフルネスの最も素晴らしい部分と出会えていたのだ。

 

マインドフルネスを始めたばかりで、驚きが心を満たしていただけだ、と思い込んでいたけれど。

 

その質感は、しばらくの間、なかなか現れずに、まるで消えたのようだった。

なのでその間、僕はトレーニングで、他の心の能力を鍛えていった。

(たとえば基本的な集中力とか、自己観察力とか)

 

 

そして1年が経ち、初心者の頃に感じた「最も素晴らしい部分」を、取り戻そうとしている。

しかも今度は偶然じゃなく、呼吸によって再現できる、より明確なものとして。

 

ビギナーズマインド

マインドフルネスの世界では「初心者の心=ビギナーズマインド」が重要だと言われる。

僕はこのことを、今回改めて実感した。

 

そしてこの「ビギナーズマインド」さえも、恐らく僕らは、トレーニングによって身につけることが出来る。

なぜならマインドフルネスのトレーニングの本質そのものが、まさに、初心に戻るということなのだから。

 

 

f:id:yumainaura:20170731065926p:plain