神が降りてくる技術

神は最上位の概念だ。

最上位の概念であり、もうこれ以上のものはない。

 

神を味方につけることさえできれば、僕らの瞑想はきっと最強になる。

 

f:id:yumainaura:20170727222658p:plain

 

神様のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや 

神の定義

ここでいうのは、宗教的な神のことではない。

  • 心理的イメージとしての神
  • 意識のプロセスの、最上位の概念としての神

というような意味だ。

 

  • たとえば、アーティストが優れた曲を作った瞬間は「神が降りてきたようだった」と言う証言をする。
  • たとえば100冊も連続小説を書いた小説家は、完全に「登場人物が勝手に動いている」ように感じられるという。
  • 難題を問いた数学者や、優れた芸術家や、歴史に残る発明家も、「神が降りてきたような瞬間」に偉大なインスプレーションを得ている。

 

このように「神が降りてくるような状態」が最良心的イメージであることは、歴史が実証していることが分かるだろう。

 

なら、こんなに素晴らしいイメージを使わない手はないじゃないか。

なぜなら僕らは瞑想の実践者なので、心的イメージを描くことには長けているはずだ。

 

人生において、神が降りてくるのをひたすら待たなくても良い。

むしろ僕らの方から、ドアをノックして会いに行けば良いのだ。

瞑想と心的イメージ

すべての技能がそうであるのと同じように、

瞑想の世界でも、技能が上達すればするほど、技術単体の重要度よりも、心的イメージの重要度が大きくなってくる。

 

たとえばテニスの世界では、優れたプレイヤーとそうでないプレイヤーの違いは「イメージング能力」など、心理的な能力だという。

たとえば、社会的に優れたリーダーに必要なものは、優れたEQだという。

 

これは瞑想でも同じだ。

たとえば「呼吸に集中する」「心身を観察する」などの基礎が身についている状態であれば、

「安らぎ」や「愛」や「平静さ」というイメージの方が、より強力に思えてくることだろう。

心的イメージは、それぞれの単純な技能を、統合的に機能させてくれる。

 

そして、その中で最強の概念が「神」なのだ。

15分だけ見つけた神

僕は今日、心でこう唱えながら瞑想をした。

「必要なものは、神が全てをはからってくださる」と。

 

もちろん、ただこの言葉を、頭で考えただけではない。

今まで瞑想経験でつちかった「神経言語的な感覚」を元に、リアルな実感として「神が降りてくる感じ」にアクセスしようと思ったのだ。

 

普段ならば、呼吸を整えたり、心身を観察したり、自分に問いかけたり、意識的な練習をしていたところだ。

だけど今日は、そういった部分的な練習をやめて、全てを無意識に委ねてみることにした。

自分が0%になる

これは言ってみれば、自分が0%になる感覚。

意識せずとも、何の努力をせずとも、全て必要なことはおこなわれるという感覚。

 

たとえば

「体に癒やしが起こるようにイメージングする」

「観察と呼吸のバランシングをおこなう」

など、瞑想においてある程度高度で、統合的な働きさえも、無意識が全てやってくれるとイメージした。(統合の、さらに上位の統合とでも言えば良いだろうか)

 

なぜなら、神は最上位の概念なのだから、全てを任せることでうまくいくはずだ。

 

これを言い方を変えるなら、意識を司る脳が、他の脳の各部位を邪魔せずに、信頼するという感じだ。

 

この方法で、僕は今までの瞑想で到達できなかった領域まで、到達できたような気がした。

15分の間だけ、自分の中に「神」を見つけられたような気がしたんだ。

神は自分の中にいる

そうして僕が思ったのは、人類古くから、おそらく何千年も言い古されてきた事実。

「神は自分の中に存在する」ということだった。

 

そう、神はどこにでも存在する。

僕ら出来ることは、既に存在する神を「見つける」ということだ。

 

神に「気付いているか」「気付いていないか」の違いだけがある。

僕らは単に気付き、アクセスするだけで良い。

 

僕らが努力して、瞑想のプロセスを身につけるのは、

究極的には「どこにでも存在する神」にアクセスできるようになるためだと言える。

神はトレーニングで見つけられる

そして、大いなる注意。

 

マインドフルネスのトレーニングにおいては、神さえも、ただの偉大な心理的なイメージに過ぎない。

(と、僕はそう理解した方がしっくり来るので、そう理解することにした)

 

「自分の中に神を見つけること」さえも、神秘的なものではなく、訓練によって身につけられる技術なのだ。

 

なので15分間の間に、僕が神を見つけて(もしくは僕が神に見つかって)、そしてやがて神が過ぎ去っていった時にも、動揺はしなかった。

それは、単に僕自身の能力がまだ、15分だけ神を見つけられるレベルにすぎないということだからだ。

 

きっとこのままトレーニングを積めば、マインドフルネスの他の技術と同じように、神を見つける技術は上達するはずだと思った。

神 VS ブッダ VS 脳

この「最上位の概念」 にも、人によって何がマッチするかは違うと思う。

神という言葉に対して嫌悪感を感じる人は、間違いなく逆効果だろう。

 

その場合は、

  • 「脳が全てをはからってくれる」
  • ブッダが私のかわりに呼吸してくれる」
  • 「潜在意識に全てのプロセスを委ねる」

 

など、自分にとって一番フィットするイメージを選べば良いのだ。

 

ちなみに「ブッダが私の代わりに呼吸する」というのは、僕が考え出したイメージではなくて、マインドフルネスの本にも書かれているテクニックだ。

 

だけど僕は「ブッダって、人だしなあ」と思ってしまって、うまく心的イメージを描けない。

なので「神が降りてくる」というイメージを描くことにしたのだ。

(厳密にはブッダは「目覚めた人」という意味なので、特定の人物じゃないのだけど)

 

f:id:yumainaura:20170727222323p:plain