じぶんのもちもの、ぼくのもの

「これは、僕のものだ」っていうものって、ある?

「これは僕のものだから、人にはさわらせない」っていうもの。

 

それは、おもちゃかもしれない。

家かもしれない。

お母さんかもしれない。

 

だけど、ちょっと思い出してみよう。

そって、一体いつから「僕のもの」だと思ったんだろう。

 

もしかして「僕のもの」だと思っているものは、

一番最初は、誰のものでもなかったんじゃないかな。

 

たとえば、おもちゃだったら、お母さんに買ってもらったのかもしれない。

 

たとえば家だったら、お父さんが買ったものなのかもしれない。

だけどそのお父さんも、最初は家を持っていなかったのかもしれない。

 

お母さんだって、そのまたお母さんが生んでくれたから、生まれてきたんだ。

 

 

大人の世界でも、子供の世界でも、誰かが「これは、A君のもの」「これは、B君のもの」って決めているけれど、

本当は、最初は、そんなルールは無かったんだと思うんだよね。

 

別に「僕のものだ」って思うこと自体は悪くないけど、

僕のものだ」っていう気持ちが強すぎると、ケンカになったり、苦しい気持ちになったりすることが多くないかな。

 

 

だから、人に貸してあげてもいいし、もし飽きたら、あげてしまってもいいかもしれない。(お母さんは、人にはあげられないけれど)

借りているものなら、いつかは返すのも、悪くないよね。

 

そういう気持ちでいると、毎日は、ちょっとだけ楽しい気持ちで過ごせると思うんだ。