情報に対する信念のモデルを書き換えよう

自分のKindleのライブラリを見ると、自己改善に関する本がギッキリと並んでいる。

そんな時、僕は喜びを感じるというよりも、自己疑惑に陥ってしまう。

 

「なんでこんなに、自分を良くしようとしてるんだろう?」

 

f:id:yumainaura:20170709142856p:plain

 

情報は幸福に役立つ?

新しいことを覚えるのは好きなのに、時にはすごく嫌いな気がする。

情報や知識は幸福に役立つはずなのに、時には全く役立たない気もする。

 

 

僕は情報が好きなのだろうか?

それとも嫌いなのだろうか?

情報は幸福に役に立つのだろうか?

それとも役に立たないのだろうか?

情報が幸福に役立つとしたら、情報がない人は幸福になれないのだろうか?

 

こんな風に、情報に対して、様々な疑いが湧き上がってくる。

だけど実は「情報に対する信念」が、この問題を引き起こしていたのだ。

間違った信念

僕は「自分が情報に対して、何を感じているか、何を考えているか」ということを、ゆっくり観察してみた。

(目を閉じて、座って瞑想をしながら、ゆっくり心に質問をしてみた)

 

そのところ、僕が持っている信念のせいで、情報とうまく付き合えていないということが分かった。

その間違えは、次のようなものだ。

 

  • 情報は集めれば集めるほど、賢くなり、幸福になれる (間違い)
  • 幸福になるには、こんなに多くのことを学ばなければいけない (コストパフォーマンスに対する徒労感)
  • 情報を得るのは、人より優れて勝つための手段だ (競争)
  • どんなに勉強しても、勉強で成長した気がしても、必ず自分より成長がうまい人がいて、負けてしまう (比較と劣等感)
  • 自分が全く知らなかったことは、間違えだ (今までも、それなりにうまくやっていたのに、もっとうまい方法があるなんて、信じたくない)
  • 自分が全く知らなかったことを知ると、損をしたような気分になる (最初から実践していれば、どれぐらい「得」が出来ただろう)

 

この弊害はすごく大きくて、時には、まったく読書を楽しめないどころか、勉強をするのがとにかく虚しく、つらい状態になることもあった。

(つい昨日まで、すごく楽しかったのに!)

 

信念の置き換え

そして、僕は信念を置き換えることにした。次の通りに。

 

僕にとって情報とは

 

  • 間違ったモデルを、より適切なモデルに置き換えるための手段
  • 自分自身や、世界や、意識のプロセスを正しく理解するための手段
  • 物事を正しく理解した結果として、自分や他人を、より幸福にするための手段

だ。

 

この理解はかなり、心にしっくり来た。

このことで、情報に対して、今までよりも「愛」をもって接することができそうだと思っている。

 

新しいモデルの作り方

これは、どこにも感じていない「なんだか目新しいモデル」をでっち上げたわけではない。

自分の心に対して、率直な質問をしてみた結果だ。

 

具体的には、自分に対して次の質問をしてみた。

 

「自分が、情報に対して、最も心地良く接している時は、何を感じているのだろう?」

「自分が、情報に対して、虚しさや辛さを感じている時は、何を思い描いているのだろう?」

 

重さと軽さ

その結果、わかったこと。

 

僕にとって、情報というのはコレクションみたいに、量を積み上げるものじゃない。

重荷を降ろして、より軽快になるためのものなのだ。

 

たとえばの話、より適切な食習慣のための情報を得て、それを実践すれば、体はとても「軽く」なるだろう。

たとえば、人間関係の本を読んで、それをうまく実践して関係が改善されれば、関係性はとても「軽く」なるだろう。

 

重くなるためのものじゃなくて、軽くなるためのもの。

知識を増やすためのものじゃなくて、間違え減らすためのもの。

 

それが僕にとっての「情報」の位置づけだ。

 

一般的なイメージと本質

情報や知識というのは「積み上げ型」というイメージがあるので、これが落とし穴になっていた。

このように、「自分にとっての本質」と「一般的なイメージ」が真逆にあると、落とし穴にはまりやすいように思う。