「10進法は偶然の産物にすぎない」 ( 「脳を鍛える茂木式マインドフルネス」より )

僕らは「20代」とか「30代」とか、よく年齢を階層で区切る。

これがごく当たり前の考え方になっている。

 

「まだ20代だし、 ○○だよね」

「もう30代だから、○○しなければいけない」

 

なんてことを喋ったりする。

 

 

だけど、そもそもの起源をたどれば、20や30という区切りがあるのは、人間の指が10本だからだろう。

もし仮に、人間の指が8本だったなら、8進法で数を数えていたかもしれない。

 

こうやって偶然の産物にさえ、意味を与えて、区切るのが、最近の人間の文化だ。

 

だけどマインドフルネスの世界には、年齢には何の意味もない。

ただの数字に、本気で意味を与えたりはしない。

 

 

「でも、やっぱり年齢が…」と考えた時点で、それは思考の罠だ。

 

 年齢というものは、僕らが考えるたびに、存在する。

考えなければ存在しない、実体のないものだ。

 

 

f:id:yumainaura:20170617104639j:plain