瞑想のテーマを決めてみよう ( 言葉は恥だが役に立つ )

瞑想を続けていると、色々なタイプのトレーニングが出来ることが分かって、どんな瞑想をしたら良いか迷うかもしれない。

 

そんな時は、瞑想のテーマを明確に決めてあげるのが良い。

 

たとえば

  • 体の感覚を観察する
  • 感情を受容する
  • 平静な心を手に入れる
  • 何もしない
  • ただ座る
  • 心をただ遊ばせる

 

 というようなテーマをひとつ、明確に決めてみる。

そうすると、心は自然とその方向を目指すことが出来るだろう。

 

(ちなみに「テーマを決めずに瞑想をする」というのも、ひとつのテーマだ)

 

ここで「言葉でテーマを決めること」を恐がらないで良い。

瞑想と言葉は反するもののように思えるかもしれないが「瞑想のテーマを決める」ことにかけては、言葉はとても役に立つ。

 

これはいわばキャッチフレーズみたいなもので、心がどこに向かえばよいか分からなくなった時、言葉がすぐに、向かうべき方向を思い出させてくれる。

(それが言葉というものの、本当に良いところだ)

テーマの決め方

 

たとえば、心がせわしなく落ち着きがない時は、まずは平常心を取り戻すのが良いかもしれない。

たとえば、ものすごく調子が良い時は、集中力を使うテーマにチャレンジしても良いかもしれない。

たとえば、眠くて仕方ない時は、集中することは諦めて、眠気に意識を向けてみても良いかもしれない。

 

このテーマは瞑想をするごとに変えても良いし、5分ごとに変えたって良い。

もちろん順番を組み合わせたって良い。すべてが自由だ。

 

たとえば、スポーツの練習でも色々なパターンの練習があるように、瞑想の世界でも色々なトレーニングが考えられる。

自分が好きなようにメニューを決めることが出来る、自由度の高い世界だ。