結果を出すには結果を求めてはいけない

原因と結果

 

たとえば、マインドフルネスで、今までに感じたことのない心地良さを感じたとする。

 

やった、結果が出た!

でも大事なのはそこじゃない。

 

たとえば、マインドフルネスで、今までにないような良い休日を過ごせたとする。

 

やった、結果が出た!

でも大事なのはそこじゃない。

 

たとえば、マインドフルネスで、今までになく人間関係が良くなったとする。

 

やった、結果が出た!

でも大事なのはそこじゃない。

 

たとえば、マインドフルネスで、今までになく仕事がうまく運んだとする。

 

やった、結果が出た!

でも大事なのはそこじゃない。

 

大事なのは目に見えた結果じゃない。

そうできた原因だ。

 

「今に集中する」という習慣だ。 

「成果物」は確かに嬉しい。だけど、

意識を奪われるとまずい。

 

成果はあくまで、最後にやって来たおまけに過ぎない。

 

そいつは20%だ。

重要な80%は、集中する習慣だ。

 

f:id:yumainaura:20170603124443p:plain

 

 

 

コアにコミットする

 

僕らは結果と原因をすぐに取り違える。

 

ちゃんとした原因の積み重ねがあって、はじめて結果が出る。

 

だけど意識というものは、いったん結果が出ると、すぐにその結果にコミットしてしまう。

そしてどうにかして、結果をもっと大きくしようとする。

 

その時はもう、今に集中するのをやめてしまっている。

マインドフルネスのコアな部分から、道を踏み外してしまう。

 

そして、だんだんと結果もやせ細って行ってしまう。

 

最も重要なこと

 

そうじゃない。

大事なのはそこじゃない。

 

コアにコミットしよう。

 

「今ようやく結果が出た」と、そう感じた時に、

心を夢でさまよわせるのではなくて、今の瞬間に戻ってくるのだ。

 

1種類だけの大事な習慣

 

 

「重要でないこと」なんて、世界に99種類も、999種類も、9999種類もある。

だけどほんとうに重要な習慣は、たった1種類だけ。

 

それが、僕らの知っている「今に集中する習慣」だ。

 

大事なものが1種類だけなんだと、理解しておくだけで良い。

僕らは「それ」を選び続ければいい。