基本的に洗脳

僕らはだいたい洗脳されている。

存在しないものを、存在するかのように扱うことに長けている。

 

それが人類の特徴だ。

存在しないものの例

  • お金は存在すると思う
  • 国は存在すると思う
  • スターバックスは存在すると思う
  • 職業は存在すると思う
  • 人生は存在すると思う
  • 日曜日や月曜日は存在すると思う
  • 西暦は存在すると思う

もしこの中で、ひとつでも否定できないものがあるなら、きっと洗脳の度合いは強い。

 

弊害

僕らが存在すると思い込んでいるものの分だけ、僕らは不幸になりやすい。

 

たとえば「お金を損した」と思えば悔しいし、

「人生が過ぎ去ってしまった」と思えば、失望だけしか感じない。

 

だけど、それが最初から存在しないものだと理解していれば、それによって不幸になることが出来ない。

 

重い荷物

存在しない物を背負い続けるのは、本当に重い。

こだわりが増えるごとに、だんだんと荷物が増えてゆく。

 

荷物を増やしても幸福には近づけない。

軽くすることでしか。

 

真実。

少しでも多くの洗脳を解くことが、幸福の地盤を作ることだ。

参考

f:id:yumainaura:20170602211640p:plain