思考の罠 〜思考は自分を守ろうとする〜

まとめ

  • 思考は何層にも分かれて、メタ的に働く
  • 思考は自分を守ろうとする
  • 思考というフィクションは、物語の主役にすり替わろうとする

質問

たとえば、さっきまでとても幸福だったのに、何かのニュースを見た瞬間、まるで世界が変わってしまったように感じたことはないだろうか。

たとえば、頭の隅では「現実ではない」と分かっているのに、何かが現実のように感じられて、頭にこびりついてしまった経験がないだろうか。

たとえば、不安に思っても仕方がないと理解していながら、どうしてもその不安が拭えなかった経験はないだろうか。

思考の罠は張り巡らされる

これは全て、思考の罠だ。

この罠は、何層にもあざとく張り巡らされている。
そして常に僕らの存在を取り込もうとする。

罠は、あざとい。

自分で生み出したものなのに関わらず、いや、だからこそ、自分自身を一番よく騙すように出来ている

この罠には、はまりこみやすくて当然だ。
なぜなら、とてもはまりやすいからこそ、罠なのだから。

張り巡らされる説得

思考は現実ではない。 だが時に僕らには、まるで現実のように感じられる。

いったん過ぎ去ってしまえば冷静になれるが、いざ自分がはまり込んでいるときにはどうしようもない。

これは思考が、思考自身を守ろうとする働きを持っているからだ。

  • 1.「思考する」こと
  • 2.「思考したことが現実だ」と「思考する」こと
  • 3.「思考が現実である正当性」について「思考する」こと

「思考」はあなたに消されたくない。物語の主人公でいたい。 だからその物語を一刻でも長く続けようと、あらゆる手段を尽くして、あなたに働きかけるのだ。

このようなメタ的な働きによって、思考は現実の位置を横取りしようとする。

幸福な日の最後に

あなたが1日を幸福に過ごした、その最後。
何か将来に関する不安を感じるような、経済ニュースを読んだとする。

すると、まるでその日の幸福が全てウソだったかのように感じられる。

なぜなら、もし将来に絶望しか待っていないならば、どうして今日1日を浮かれて過ごすことに意味などあるだろうか。

あなたは頭の片隅では、これが「単なる思考のはずだ」と理解している。
だが、どうしても不安を拭うことが出来ない。

これが、思考が物語の主役に躍り出た瞬間だ。

トーリー

あなたはこのようなことを考えるかもしれない。

  • 将来がとても不安に思える (思考)
  • なぜなら経済ニュースによると、Aという事実が判明したから (思考)
  • Aが事実であれば、僕らはいずれ必ず不幸にならざるを得ない (思考)
  • 僕が幸福なのは、今たった一瞬のことだ (思考)
  • Aという事実は現実だ、これは動かしようがない (思考)
  • Aを忘れたいけれど、忘れるのは現実から逃げることだ (思考)
  • Aを忘れようとすることは、事実から目をそらすことだ (思考)
  • Aが事実なら、瞑想やマインドフルネスなんてまるで意味がない (思考)
  • Aを忘れて幸福になんかなれない、だってAは事実なのだから (思考)
  • 思考にうまく対処しても、どうせ現実は変わらない (思考)

これらは全て、思考である。

「思考など関係ない、これは現実だ」と思った瞬間、それがまさに思考のプロセスなのだ。
「これが思考のプロセスだって? いや騙されない、やはり現実じゃないか」と考えるならば、それがまさに思考だ。

このとおり、思考は「何層にも張り巡らされて」おり「思考自身を守ろうと」している。

思考は優れたフィクション

思考の最大の罠とは「それが思考であると忘れさせる」働きにある。

たとえば、全てのフィクションの醍醐味は「それがフィクションだと忘れさせるところ」にあるだろう。
フィクションがよく出来ていればいるほど、それは現実味を持つし、現実化のように思えるフィクションほど優れている。

あなただって例えば、フィクションの中の悪役を本当に憎いと思ったことが、一瞬ぐらいはあるだろう。
これはフィクションに「現実に替わろうとする働き」があるからだ。

だがフィクションはフィクションだ。 どんなに現実味があろうとも、どんなにのめりこもうとも現実ではない。

同じように思考も、どんなに現実味を持って、決して現実ではない。

知恵の輪を解くように

罠というのは巧妙にできている。
なので、賢く抜け出さなければいけない。

だがいちど抜け出す手順さえ覚えてしまえば、次からは、その同じ手順を取るだけで良い。

知恵の輪だっていちど解いてしまえば、次からは同じ手順を取るだけで解くことが出来る。

f:id:yumainaura:20170504210732p:plain