心のオセロ

つい1秒前までは、幸福だったのに。

その1秒後の自分は、もう幸福じゃない。

そんな時がある。

ついさっきまでの幸福さえも、嘘だったみたいだ。 まるでオセロのように、白が黒に裏返ってしまう。

ゲームに勝っていたというのは思い込みで、 今の盤面は黒一色だ。
なぜ、幸福と不幸は、こんなに簡単に裏返ってしまうのか。

だけどそれは錯覚だ。

本当は

  • 今には今の幸福がある。
  • 今には今の不幸がある。

ただ、それだけだ。

1秒前の幸福もアテにはならないし、1秒前の不幸も嘆かなくて良い。

常に今の瞬間だけが存在する。

一番の問題は

1秒前はもう過去なのに、頭がそれに引きずられていることだ。

  • 1秒前が幸福だったんだから、今が幸福でも良いはずだ。
  • 1秒前が幸福だったんだから、今も幸福でないとおかしい。

だけどそんなことを考えても、幸福感は戻ってこない。

心のバランスは、常に「今の瞬間」に保たなければいけない。

大事なのは心がバランスを崩した時に、それに気付いて、バランスを取り戻すという、具体的なアクションだ。

自転車の練習

たとえば、自転車の練習をしている人がいるとする。

その人が転んだ。

そしてこんなことを考えた。

  • 1秒前までは乗れていたのに、今は転んでいる。
  • 1秒前までは乗れていたのだから、今も乗れていないとおかしい。
  • 1秒前まではバランスを取れていたのだから、今もバランスが取れていて良いはずだ。

だが、頭でそんなことを考えても、バランスが戻ることはない。

またバランスを取り戻すには、当たり前だが「自転車に乗って、進む」という、具体的なアクションが必要だ。

考えることと、自転車に乗ることは、根本的に違う。

心の世で起きることは

この自転車の例のように、分かりやすくはない。
だけど確実に、同じ問題が起こっている。

そして僕らは、

  • 頭で考えること
  • 心のバランスを摂ること

をよく混同している。

レッスン

フォーマルな瞑想を続け、日常の瞑想を続けてみよう。

「これがバランスが取れている状態だ」という瞬間に気付くかもしれない。

自分が穏やかさや、幸福を感じた時は、それがバランシング出来ている状態だ。

あとはその感覚を覚えていて、それが「真ん中」だとイメージしてみよう。

心に「棒」が存在するような感覚だ。

  • 右に倒れていれば、左に戻す。
  • 左に倒れていれば、右に戻す。

頭で考えてしまうと、うまくいかないかもしれない。 だけど感覚の世界に敏感になれば、だんだんとバランシングがうまくなってゆくだろう。

f:id:yumainaura:20170503131746p:plain

f:id:yumainaura:20170503131752p:plain

まとめ

幸福が過ぎ去ってしまった時。

いくら考えても、頭で後悔しても、バランスは取り戻せない。

僕らに必要なのは、考えることじゃない。
心のバランスを取り戻すアクションを起こすことだ。