Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

マインドフルネスのヒント

瞑想、経験、そして人生。

24時間の瞑想 | 「もっと瞑想をしたいのに、時間がない」と思った瞬間がチャンス

  • もっと瞑想をしたいのに、時間がない。
  • 瞑想をしたいのに、仕事に行く時間だ。
  • もっと瞑想をすれば、もっと幸せになれるのに。

こう思った瞬間が、瞑想のチャンスだ。

何も、仕事中にフロアに座って、あぐらを組めと言っているわけではない。 心の中で瞑想を再開すれば良いのだ。

焦り ≠ 瞑想

  • もっと瞑想がしたい
  • 今、瞑想ができない

こういう考えがよぎるのは、すなわち、瞑想が出来ていない瞬間だ。 「瞑想に焦りを感じる瞬間」は、すなわち「瞑想できていない瞬間」だ。

いつでも集中

瞑想は座っていても、立っていても、歩きながらでも出来る。 24時間が瞑想の場所だと思えばいい。

瞑想について考えていない時は、そもそも瞑想のことを忘れているわけだし。 瞑想について考えた時は、その瞬間に思い出して瞑想を始めれば良い。

すべてが訓練の場所

すべてが訓練の場所だと考えてみよう。

すべてが訓練なのだから、別にうまくできなくてもいい。 うまくいかなくても、そのたび、またやり直せばいい。

ではどこに本番があるんだろう? 実は、

  • すべての場所が訓練
  • すべての場所が本番

この二つは同時に成り立つ。