瞑想の落とし穴 > 注意力が高い時、低い時

注意力は朝から夜にかけて下がる

これは人間の摂理だ。

f:id:yumainaura:20170409115016p:plain

注意力が高いときと

f:id:yumainaura:20170409115033p:plain

低い時がある

f:id:yumainaura:20170409115044p:plain

注意力が高ければ、どんなテクニックもうまく行きやすいし

(観察も、集中も)

f:id:yumainaura:20170409115109p:plain

低ければ、どれもダメになりやすい

f:id:yumainaura:20170409115127p:plain

注意力を回復させてくれるのは

瞑想的なテクニックではなく、睡眠や食事だったりする。

f:id:yumainaura:20170409115217p:plain

解説

  • 瞑想的なテクニックを使うには、注意力が必要だ。
  • 何をやってもうまくいかない時は、そもそも注意力が下がっている可能性がある。
  • 朝から夜にかけて注意力が下がっていくのは、当たり前のことだ。
    • ここで「瞑想的なテクニック」でどうにかしようと思っても、どんどんうまくいかなくなるように感じる。
  • たとえば、朝目覚めてから8時間以上経過しているなら、注意力はかなり下がった状態だと考えられる。
    • 朝起きてからの時間を計算してみよう。
  • 瞑想的なテクニックがうまくいかないのは、やり方が悪いんじゃなくて「眠い」とか「空腹だ」とかいうせいかもしれない。