Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

マインドフルネスのヒント

瞑想、経験、そして人生。

マインドフルネスはシンプルな状態

マインドフルネスを実践するのに、覚えなければいけないこと、実践しなければいけないことがたくさんある。

たとえあ瞑想ひとつとっても、次のようなバリエーションがある。(全てをやる必要はないが)

  • フォーマルな瞑想
  • 日常での瞑想
  • 集中系の瞑想
  • 観察系の瞑想
  • 祈りの瞑想
  • 他、色々な瞑想

その他にも、マインドフルネスな状態を得るために、次のようなものが役立つ。(全てをやる必要はないが)

「マインドフルネスになるために、なぜこんなに努力しなければいけないのか」 「マインドフルになるための手順が複雑すぎる」と思うかもしれない。

だが実は、マインドフルネスというのは 極めてシンプルな状態 のことだ。

部屋の片付け

たとえば、部屋を片付けるときのことを考えてみよう。 「片付ける」という行為自体はわりと複雑で、色々なことを考えなければいけない。

  • 何を処分するか
    • 処分の方法はどうするか
      • 人にあげる
        • 誰にあげるか
          • 家族にあげる
          • 気に入ってもらえるものだろうか
          • 友人にあげる
          • 気に入ってもらえるものだろうか
          • いつ会った時に渡すか
          • 職場でシェアする
            • シェアするのが最適なものだろうか
            • 誰も要らないものだったらどうしよう
            • あまり重いものは会社まで持って行けない
      • 売る
        • どんな方法で売るか
          • 買取サービスに申し込む
            • どんなサービスが良いか検討する
            • 見積もりをお願いしてみる
            • 受け渡しの日付を決める
            • それでも大した値段にはならないかもしれない
          • ネットオークションにかける
            • だいたいの相場を調べる
            • ほとんどお金にならないことが分かれば、手間や送料を考えて、普通に処分することも検討する
            • まずはアカウント登録が必要だ
            • 写真も撮影して、開始価格も決める必要がある、商品の説明文も書く
      • 捨てる
        • 捨てるまでにどこに物を置いておくかを考える
        • 捨てるために必要なものがあれば用意する
        • 粗大ごみの場合は申込みが必要になる
          • 収集センターに連絡して住所や日付を調整する
          • コンビニで粗大ごみのシールを買う
          • 収集日に早起きしてごみを出す
        • リサイクル法が適用されるものは、メーカーに連絡する必要がある
          • たとえばPCディスプレイなら、まずは型番を調べる
          • メーカーのウェブサイトを見つけて申し込む
          • メーカーから発送用の伝票が届く
          • ディスプレイが入るダンボールを探す(なかなか見つからない)
            • Amazonから何か荷物が届いたら、ダンボールが使えないか試してみる
            • スーパーマーケットで余っているダンボールがないか探す
            • 宅急便のセンターに連絡して、有料でダンボールを購入する
              • 届けてもらう日時を決める
          • 着払いの伝票がコンビニ発送に対応していないので、また土曜午後に宅急便集荷を申し込む
  • 何を残すか
    • どんな基準で残すか
  • 部屋のレイアウトはどうするか
    • 何が一番、今の自分の生活に最適かを考える

上記のように考えることは膨大にある。 片付けを始めれば、部屋は一時的に散らかった状態にもなるだろう。

だがいったん部屋が片付いてしめば、 片付いた状態は極めてシンプル だ。

同じように、マインドフルネスも、 たどり着くまでの手順は複雑だが、たどり着いた状態は非常にシンプル なものだと理解できる。

重要なのは「どんどん複雑なことを覚える」ことではない。 「たとえ、一時的に複雑な手順を取ってでも、シンプルな状態を得ること」だ。