楽しさのコアは「今への集中」にある

たとえば、映画を観ることが楽しかったとする。 だけど楽しかったのは、実は映画を観ることじゃない。 「映画を観ている今」に集中していたことだ。

たとえば、仕事をするのことが楽しかったとする。 だけど楽しかったのは、実は仕事をすることじゃない。 「仕事をしている今」に集中していたことだ。

たとえば、ブログを書くのが楽しかったとする。 だけど楽しかったのは、実はブログを書くことじゃない。 「ブログを書いている今」に集中していたことだ。

たとえば、映画を観るのがつまらなかったとする。 だけどつまらなかったのは、実は映画のせいじゃない。 「映画を観ている今」に集中できなかったせいだ。

たとえば、仕事をするのがつまらなかったとする。 だけどつまらなかったのは、実は仕事のせいじゃない。 「仕事をしている今」に集中できなかったせいだ。

たとえば、ブログを書くのがつまらなかったとする。 だけどつまらなかったのは、実はブログのせいじゃない。 「ブログを書いている今」に集中できなかったせいだ。

認識を変えてみよう

物事が中心にあるという認識

f:id:yumainaura:20170325135452p:plain

集中が中心にあるという認識

f:id:yumainaura:20170325135441p:plain