マインドフルネスやってみた

瞑想をペーストにした人生のレシピ作り

最近はMedium や Wordpressで書いてます。

medium.com ほんの小さなマインドフルネスの話 |

僕の心からの望みは、毎日の一瞬一瞬をマインドフルな、フルエンゲージメントの状態で生きること。

人間のエネルギー状態というものに、本当に関心がある。 だけどエネルギーは、何かに使うためのものだ。 たとえば仕事がなければ、エネルギーの使い場所がない。 だからエネルギーを注げる仕事があることも、すごく重要だ。 もし、そうでないのなら。 レース…

朝型になろう。早起きできない人のためのモーニングメソッド。

寝転びながらも、眠くならない方法。 朝早く起きて、二度寝をせずに、体を目覚めさていく方法。 たとえば、あくびをする。 たとえば、体を伸ばす。 たとえば、大きく呼吸をする。 言葉で書けば単純だが、これを絶妙なタイミング、強度、モーションでおこなっ…

瞑想では身体感覚が超重要

いつでも迷った時は、身体感覚に戻ってこよう。 本によっては「身体感覚に気付くことがマインドフルネスの助けになる」と書かれているものもある。 だが、こいつは助けどころではない。 身体感覚はマインドフルネスや集中力の大前提、絶対に欠かせないものだ…

稲浦悠馬 Yuma Inaura - 著者紹介

大阪府のWeb系エンジニア 2016年8月に「マインドフルワーク」を読んだのがきっかけで瞑想を始める。 瞑想を、仕事上の問題解決のために使っている。 愛読書は「サーチ・インサイド・ユアセルフ」「ジョイ・オン・デマンド」

瞑想は保険みたいなもの。プラン名は「レジリエンス」。

仮に何か事故があっても、あとで保障が降りる。 「何かあっても、あとで瞑想をすれば良い」 そう考えるだけで、安心できる。

整えることは、美しい。

頭で考えると、整えることには、ほとんど意味がない。 たとえば朝起きて、布団を整えても、大して生活に役に立つわけじゃない。 だけど整えることは、美を感じる行為だ。 少なくとも、日を感じるためのチャンスだ。 頭の世界では、何の意味もないかもしれな…

仕事中の瞑想でマインドフルネスを感じる

集中力が途切れた時や、疲れを感じた時は、ごく短時間の瞑想をすると良い。 たとえば5分、騙されたと思ってやってみよう。 「5分間の瞑想なんかに、効果があるはずがない」と思う時、こそ、やってみるとすごい効果がある。 瞑想は直感に反する。 僕は毎回、…

瞑想を長時間続けるのはやめなさい (ピークに敏感になろう)

大事なのは時間よりも質だ。どちらか迷ったら、時間よりも質を優先しよう。 もし長時間の瞑想で質が落ちてしまうなら、時間を短くした方が良い。その逆に、回数を増やした方が良い。 瞑想のピークをなるべく多く作り出そう。ピークを何度も経験することによ…

瞑想は帰り道

家の中にいるのではなく、単に外の世界にいるのでもなく、家に帰る途中の道にいる。 そんな感じがした。 旅に似た感覚。 懐かしい家に帰る途中。 景色は変化してゆく。 家が待っているから、すべてが暖かく感じる。 家・建物のイラスト「1階建て一軒家」 | …

料理は瞑想になる (正確に、流れるように動く)

料理は瞑想だ。 たとえば禅の教えでも、特に料理を重視するものがあるぐらいだ。 特に僕が今日思ったのは、 「食材をよく見て、正確に切る」 ということが、マインドフルネスをもたらしてくれそうだということだ。 これは「速く動く」ということははない。 …

心のオーバーフロー

心がオーバーフローする瞬間を見つけることがある。 その瞬間はとても不快なもので、一瞬で心のエネルギーが失われる。 もともと思考というものは、コントロールを失いがちだ。 あれもこれも、過去にも未来にも、何百ものことを数秒で考えるようでは、とても…

ミニマリズム + 習慣化

最近、ミニマリズムのおかげで「習慣化」がずいぶん上手く出来ているんじゃないかということを考えた。 普段は意識しないけれど、ミニマリズムも「影響の輪」の中では、かなり大きな存在なのかもしれない。 たとえば部屋の状態が片付いていれば「出かける前…

1日の時間を2倍にする30分昼寝の効果

いくつかの本に書かれている通り、30分ほどの昼寝には素晴らしい効果があるようだ。 まるで朝起きたばかりのエネルギー状態が体に戻って、全く新しい1日をスタート出来る感覚。 昼寝の効果を最近、以前にも増して実感している。 睡眠はまだ解明されていない…

心のブラックボックス 〜機能する時、機能しない時〜

ひとつの瞑想が機能する時と、機能しない時がある。 読書が機能するときと、機能しない時がある。 ネットサーフィンが機能する時と、機能しない時がある。 ブログを書くことが機能する時と、機能しない時がある。 カフェでコーヒーを飲むことが機能する時と…

人間らしい1日を過ごすために

目覚めた時。 1日の始まりに、エネルギーが溢れている。 たとえば体のどこかに火があるとしたら、それが優しく燃えている状態。 心の中に星があるとしたら、それが輝いている状態だ。 30分間の瞑想をしても、まったく苦にならない。 1時間、2時間と続けられ…

自然を眺めると癒やされる理由

気のせいじゃなく、本当に自然は人間の脳に優しいパターンを描いているらしい。 僕も街を歩いている時、自然の多い散歩道に差し掛かった途端、本当に頭が癒やされるのを感じる。 自然が少ない場所でも、道の脇に生えている樹木を見つめるだけでも、癒やしが…

クールダウンの時間予測

たとえば、心を落ち着かせるために瞑想をする時。 何分ぐらいで心が落ち着くだろう? と予測を立ててみる。 もしくは、何回の呼吸で心が落ち着くだろう? と予測を立てる。 そして、その回数まで呼吸をカウントしてみる。 「読書でエネルギーを消費したと思…

人生で大事なことはロックマンから学びなさい

ファミコンでロックマンというゲームがある。 このゲームでは、6体のボスがいる。 1体のボスを倒すと、特別な武器が手に入って、他のボスを倒しやすくなる。 たとえば、 「アイスマン」を倒すと「アイススラッシャー」という武器が手に入って「ファイヤーマ…

睡眠は技術

僕らの睡眠に対する考え方は、全方位的に間違っているみたいだ。 なので「全とっかえ」する必要がある。 (睡眠に対して無自覚な状態) => 睡眠は技術だ 睡眠は量だ => 睡眠は質だ 睡眠は義務だ => 睡眠は娯楽だ 睡眠は消費だ => 睡眠は投資だ 睡眠は怠惰の象…

村上春樹とマイドフルネス

人間の感情や意識というものは、本当に奥深くて、微妙なニュアンスの中に実体が存在すると思う。 無限とも言える色や形、温度や状態の組み合わせを持っている。 僕が説得力があると思うテキストは、村上春樹の小説だ。 村上春樹を読むと、人間の感情や、存在…

瞑想は投資タイム

瞑想をした日は、なんだか不思議と、調子が良い。 これはいくつかの本にも書かれていたことで、僕自身も実感しているので、たぶん普遍的な現象なんだろう。 どうやら瞑想の効果は 「意識している部分」 「意識していない部分」 の両方に及ぶみたいだ。 瞑想…

早起きできない人のための「戦略的に朝型に変わる技術」

僕自身、睡眠は最も苦手分野だ。 今まで、とても睡眠の質が良いとは言えない生活だった。 分かっていながら、今まで、ほとんど手を出すことが出来なかった。 睡眠の改善をしようと人生で何十回も挑戦したけれど、そのたび挫折を繰り返してきた。 もうなかば…

変化を感じ取る瞑想

瞑想では「変化を感じ取ること」は重要なファクターだと思う。 確か何かの瞑想の本にも書かれていたけれど、僕もいまそれを実感している。 その理由と言えば、僕も体感レベルでは、ぼんやりとしか分かっていないのだけれど。 瞑想を始めると気分が変わる た…

朝専用の瞑想トレーニング

早起きできた日は、僕は起きてすぐに、瞑想をする。 普段から良質な睡眠がとれていて、睡眠負債がたまっていなければ、それで眠くなることもない。 だけどひとつ懸念があった。 瞑想というのは、ある種のエネルギーを使う。 だから平日に瞑想をすると、朝の…

瞑想 + 習慣作り + 睡眠計画

睡眠の計画を立てよう。 瞑想は睡眠を助け、睡眠は瞑想を助けてくれる。 たとえば瞑想を含めた、次のような習慣作りをしてみる。 夕方から夜に向けて、音や光の刺激を減らして、脳を睡眠モードに移行していく。 家に帰ったら、まずは入浴する。 時間を決めて…

「まずはシンプルな状態を作る」というルール

家に帰ってからおこなう物事の手順は、何かと複雑だ。 何から順番にやったら良いのか、途方に暮れたように感じることもあった。 順番が決まっていないことで、何かと落ち着きの無さを感じていた。 だけど、「シンプルな状態を作る」というチャンクで理解する…

瞑想は人生で最も大事な時間

瞑想は料理で言うと、下ごしらえに似ている。 秘伝のレシピで、鍋をグツグツと煮込んでいるようなものだ。 お客様にディナーを振る舞う時の華々しさはないけど、料理の美味しさは、ほとんどがこの時間で決まる。 この「下ごしらえ」こそが、他全ての要素の鍵…

時計時間・呼吸時間・生体時間 ( 瞑想を終えるタイミングの決め方 )

時間は概念だ。 それは分かっている。 だけど瞑想中に「時間を気にするな」と言われても、限界がある。 かなりの上級者でなければ、時間の概念を完全に消してしまうのは難しいだろう。 現実的には、僕らは日常の時間をとって瞑想をするわけだ。 だから瞑想と…

瞑想と防音のススメ (イヤホン・イヤーマフ・耳栓・ホワイトノイズ)

瞑想は基本的には、静かな場所でするのが良いみたいだ。 静かで涼しい場所、最高に心地良いで瞑想をしていると、本当に集中力が研ぎ澄まされて、神聖な気持ちになることがある。 荷物の重さは、下ろしてみてはじめて分かる。 「どれだけ音で集中力が妨げられ…