炭酸水を飲む瞑想

ちょっと変わったトレーニングを紹介する。

 

マインドフルネスの世界は、スポーツの世界と同じで、自分でトレーニングメニューを考えても良いところが長所だ。

なのでこれは、これは僕のオリジナル。

 

f:id:yumainaura:20170803233029p:plain 

 

やり方

炭酸水をゴクゴクと飲む。ちょっと喉が辛くなるぐらいが良い。

 

次に、パチパチとした喉の「刺激」を、感じ取ってみる。

 

だけど時間が経つと、すぐに「刺激」は無くなる。

なので次に「刺激」が「無くなったこと」を感じてみる。

 

このトレーニングは何?

これは別にジョークでやっているわけじゃない。(いや、ジョークでやっているのかもしれない)

「終わりを観察する」という由緒正しいトレーニングなのだ。

 

ある瞑想家は、最も重要なトレーニングとして、この「終わりを感じる瞑想」を勧めているらしい。

(「ジョイ・オン・デマンド」三章)

 

刺激には、終わりがある。

痛みには、終わりがある。

喜びにも、終わりがある。

 

 

ひとつのエネルギーには、終わりがある。

そもそも僕らの生命にも、終わりがある。

 

だけど僕らの自己観察力は、ふだんこの「終わり」を認識していない。

 

だからマインドフルネスのトレーニングで、それを見つけられるようにするんだ。

 

何が良いの?

たとえば、痛み。

 

マインドフルネスのトレーニングを積んでいても、痛みに抵抗できないことがあるかもしれない。

だけど痛みが「終わった時」に、その「終わり」を理解することが出来る。

 

「痛みが、もう存在しない事」に気付くことが出来る。

 

これは回復力=レジリエンスの一種だ。

どんな痛みもいずれ終わると理解すれば、痛みに対して強くなれる。

 

逆に「プラスの物事」「喜ばしいこと」の終わりを認識することで、執着を持たないための訓練が出来る。

(なぜか、はっきりと意識することで、執着のレベルが下るようだ)

まとめ

炭酸水は瞑想に役立つ。

 

 

これからは時間管理術よりエネルギー管理術だ 〜爆弾・亀・魔術師〜

エネルギーは消費した方が良いのだろうか?

 

それとも、消費を抑えた方が良いのだろうか?

人によって、言うことが違う。

 

エネルギー管理がうまい人、下手な人

 

「エネルギーは消費するほど、増大する」と言う人がいる。
本当に羨ましいと思う。

 

だけどエネルギーを消費しきってしまって、燃え尽きてしまう人もいる。

 

僕もその典型で、人生の多くの分野で「頑張りすぎて燃え尽きる」というパターンを繰り返していた。

 


これはそもそも、遺伝子や体質の違いなんだろうか?

 

エネルギーを消費して、増大させられる人。
自分に大きな負担をかけて、目標達成する人。
あらゆる分野で成長がうまい人。

 

歴史上の人物でいうならエジソンみたいな人。
そんな人は、自分とはまったく別の人種じゃないかって思えてしまう。

 

この裏には何か、僕が理解できない裏のルールが隠されているような気がした。
だけど、その正体が何なのかは、ごく最近まで分からなかった。

 

自己啓発書を読んでみても、ずっと効果は続かない。
運動をはじめてみるけれど、やめてしまう。

いくら「心構え」を工夫してもダメだ。

 

偉大なるかな回復


だがごく最近、ようやく理解し始めていること。

 

それは「エネルギーの消費」に合わせて、
「エネルギーの回復」が必要だということだ。

むしろ消費量よりも、もっと大きな回復が必要だということ

 

頑張れる人と頑張れない人の違いは、心構えや努力じゃなくて
「回復力」の違いによるということ。

 


僕にとって革命的だった本が二冊ある。

その1冊が「シリコンバレー式 よい休息」。

f:id:yumainaura:20170803232004p:plain


 

もう1冊が
「メンタル・タフネス 成功と幸せのための4つのエネルギー管理術」だ。

 

f:id:yumainaura:20170803232017p:plain

 

これはどんな「心構え」や、断片的なTipsよりも役立つと感じている。

なぜなら僕らに必要なのは「エネルギー」だからだ。

 

エネルギー管理の三つのタイプ

 

前置きが長くなったが、
僕は「エネルギー戦略」には大きく分けて、3つのタイプが存在すると思っている。

 

1.爆弾型

ひとつめは爆弾型。

 

このタイプは、一気にエネルギーを消費してしまう。

いちどレッドゾーンに突入してしまうと、手遅れだ。
あとはもう、試行錯誤しても、高いエネルギー状態には戻ってこられない。

 

猪突猛進。
エネルギー管理がものすごく下手な状態。

 

 

f:id:yumainaura:20170803232129p:plain

 

2.亀型


ふたつめは亀型。

 

僕らは「爆弾型」でエネルギー管理がうまくいかなかった場合、エネルギーの消費を抑えるようになる。
「リソースは限られている」という理解をするようになる。

 

なのでエネルギーを少しずつ使うよう工夫する。
消費量は小さくなり、同時に大きなエネルギーも出せなくなる。

 

高いエネルギー状態を諦めてしまった状態。

 

f:id:yumainaura:20170803232234p:plain

 

 

3.魔術師型

3つめは「魔術師型」だ。

 

このタイプは爆弾型と同じで、エネルギーをたくさん消費する。
だけどその後に「大きな回復」もおこなうため、高いエネルギー状態を保つことが出来る。

 

エネルギーの「消費」と「回復」の両方を大きく取っている状態だ。

 

f:id:yumainaura:20170803232347p:plain

 

 

エネルギーというものの本質からいうと、これが最も優れたエネルギー管理方法だと思う。

 

なぜならエネルギーに対して単純過ぎる理解をせず、より高次元の理解をしているからだ。

 

もしこの話を聞いて
「いや、俺はもう十分頑張ってるよ」「疲れすぎて改善の余地がない」と思うなら、
それは多分、エネルギーを消費しすぎで、逆に「回復手段」がない状態なんじゃないだろうか。

 

エネルギー管理は人生の最重要
 

最近、エネルギーに関して考えるようになって実感するのは、

「エネルギー状態の高さ」というのは、
人間にとって、本当に基幹をなす、重要なものだということ。

 

自分の人生を振り返ってみても、物事がうまく運ぶ時は、必ずエネルギー状態が良い時だった気がする。

 

 

エネルギー状態が良いからこそ、
仕事にもやりがいを感じるし、人に対しても優しくなれる。

 

プライベートも充実しやすく、クリエイティビティは高まり、自己観察力が増し、幸福を感じやすくなる。

 

これらの要素は単独には存在しない。
「エネルギー状態」というものが中心にあるのだと思う。

 

f:id:yumainaura:20170803232543p:plain


 

エネルギーを増大させよう

 

重要なのは
まず「エネルギー管理」という概念を持つこと。
(これだけで問題の50%は解決に向かうはずだ)

 

あとは、直線的なグラフではなく「ゆらぎ」や「リズム」でエネルギーを理解してみること。

(なぜなら「ゆらぎ」があるのがエネルギーの本質だから)

 

また、より自然的、動物的なエネルギーがベースにあるのを認めること。
自己観察力を高めることなどだ。

 

f:id:yumainaura:20170803232651p:plain


最近僕は、こういったエネルギー管理について、どうにかして人に伝えたいと思っている。

 

アスリートみたいにエネルギー管理しよう 〜ピカピカのグリーンの話〜

エネルギー管理の世界では「小さなこと」が「大きなこと」だ。
「取るに足らないようなこと」が「重大な兆し」だ。

 

なので自分のエネルギー状態は、観察しても観察しすぎということはない。

最初に見える火は小さくても、燃え広がれば大火事になる。

 

たとえば、エネルギー100%の状態が、ピカピカのグリーンだとする。
(ちなみに、これを僕は「ザ・ブリリアント・グリーン」と呼ぶことにした)

 

f:id:yumainaura:20170801234606p:plain

 

ここに何らかの理由で、亀裂が入る。

 

f:id:yumainaura:20170801234719p:plain

 

そして僕らが「まだ大丈夫」と思っている間に、亀裂はだんだんと広がっていく。

もしくは自己洞察力が低くて、亀裂が入ったことに、まったく気付いていなかったりする。

 

f:id:yumainaura:20170801234803p:plain

 

そして気づいた頃には…。

 

f:id:yumainaura:20170801234824p:plain

 

重大なダメージが生じていたりする。

 

f:id:yumainaura:20170801234848p:plain

 

逆に、上手にエネルギー管理をする人は、
片手に「虫眼鏡」を、片手に「スパナ」を持っているみたいなものだと思う。

 

f:id:yumainaura:20170802002102p:plain


 


「観察力」が高いので、小さな亀裂でも、早い段階で見つけることが出来る。

そして心理的否認をせず「傷が入ったこと」を冷静に認める。

 

f:id:yumainaura:20170802002134p:plain


 


そして修理のためにスパナを使う。

つまり、必要な回復行動をとる備えが出来ているのだ。

 

f:id:yumainaura:20170802002150p:plain

 


たとえばスポーツの世界でも、
おそらく優れたアスリートほど、自己観察力が高く、大きな回復の手段を持っているはずだ。

 

自分のエネルギー状態に対して、常に「自己観察」と「回復の準備」
が出来ている状態。

僕らも「ピカピカのグリーン」を保つためには、アスリートみたいになる必要がある。

 

「エネルギー管理をしないこと」でもなく、

「ほどほどのエネルギー管理」でもなく、

「最高のエネルギー管理」をするのが良いと思う。

(その対価は、あり余るほど受け取ることが出来る)

 

ちなみにエネルギー状態を左右する要素も、複数ある。

 

なので「必要な色のスパナ」を持って
「適切な回復」をおこなうのが良いだろう。

なぜなら回復の種類が間違っていると、適切な回復が出来ないからだ。

 

たとえば「心理的回復」「睡眠」「運動に寄る回復」「呼吸で平静さを保つ」「血糖値を乱さない適量の食事」などという種類が考えられる。

 

 

 

f:id:yumainaura:20170802002338p:plain

 

ちなみに複数の回復を同時におこなったり、相互に関連付けることも出来る。

 

たとえば、運動をしながら呼吸を整えることも出来るだろうし、
歩きながらぼーっとして頭を休めることも出来るだろう。

 

瞑想は心理的回復にも、睡眠時を快適にするのにも役立つだろう。

 

f:id:yumainaura:20170802002428p:plain

 

 

この「エネルギー管理のレベルを上げる」という話は、
ダメージに対してビクビクしたり、動揺したりするのとも違う。

 

 

f:id:yumainaura:20170802002507p:plain

 

 

エネルギーの状態に、単に動揺して、必要な回復をおこなわなければ、
むしろダメージを広げるばかりだ。

 

f:id:yumainaura:20170802002529p:plain

 

 

アスリートみたいに、
片手に「高い観察力」を持ち、片手に「様々な回復手段」を持って、それを適切に使っていくこと。

こうすることで、僕らはピカピカのグリーンを守ることが出来るだろう。

 

たぶん、多くの人が完全に忘れてしまっている状態。
「エネルギーが最高の状態にある」というのは、僕ら人間にとって、ものすごく大きな喜びだと思う。

 

ちなみに僕自身と言えば、まだこのグリーンに、ほんのすこしアクセス出来るようになったばかりだ。

だが今までの人生でほとんど感じたことがなかったような、エネルギー状態の改善と、清々しさとを感じている。

 

 

参考

エネルギーに関して

f:id:yumainaura:20170802002809p:plain

 

動物的なエネルギーに関して

f:id:yumainaura:20170802002815p:plain

瞑想に関して

f:id:yumainaura:20170802002819p:plain

 

 

マインドフルネスと食事・睡眠・運動の関係 〜GO WILD〜

僕らは簡単に「単一の解決策」に頼りがちだと思う。

たとえばマインドフルネスで素晴らしい経験をしたら「マインドフルネスで全て解決できる」と考えがちだ。

 

 

f:id:yumainaura:20170731221223p:plain

 

食事しかり。

 

f:id:yumainaura:20170731221238p:plain

 

 

運動しかり。

 

f:id:yumainaura:20170731221822p:plain

 

人間性と原始性

「全部やらなきゃいけないのか」「大変そうだ」って思うかもしれないけど、それはそれぞれの要素を適切に理解していないからだ。

より適切なモデルを描くことも出来る。

 

それは、人間が「心的な部分」と「動物的な部分」に分かれるという理解だ。

 

f:id:yumainaura:20170731221957p:plain

 

脳科学的にも、人間には「動物的な脳」がかなり大きく残っており、前頭葉など知性を司る部分より、ずっと面積が広いらしい。

 

なので、僕らの状態も「人間的なもの」と「動物的なもの」に大別できると思う。

(たとえば「心理」「集中力」「知性」などが人間的な部分で、「食事」「運動」「睡眠」「自然」などが動物的な部分というように)

 

f:id:yumainaura:20170731222309p:plain

動物性がベースにある

実は僕らというものは「動物である以前に人間」ではなくて「人間である以前に動物」なので、

「動物的な必要性」の方がベースにあるのだと思う。

 

その上に人間としての心理性が乗っかることが出来る。

 

 

f:id:yumainaura:20170731222537p:plain

 

 

このモデルでは、

 

「マインドフルネスだけが大事」なのではなく、

「睡眠や食事だけが大事」なのでもなく、

「全部均等にやらなければいけない」のでもない。

 

「動物性な需要を満たした上で、心理的なものを築く必要がある」という理解が出来る。

 

動物的なニーズが満たされていれば、マインドフルネスもうまくいきやすいだろうし。

 

 

f:id:yumainaura:20170731222934p:plain

 

 

逆に、まずはマインドフルネスのトレーニングを積むことで、

自分の「動物性」に敏感になり、動物的な各要素を改善していくことも出来るだろう。

(なぜならマインドフルネスのトレーニングは、身体洞察力を高めるものもでもある)

 

 

f:id:yumainaura:20170731223053p:plain

 

 

 

GO WILD

僕らの動物性を理解する上で「GO WILD」は非常にオススメできる本だ。

ちなみに内容の一部では、マインドフルネスについても触れられている。

 

f:id:yumainaura:20170731223143p:plain

思考は悪者なのか? 〜矢印の方向の話〜

マインドフルネスのトレーニングを始めた頃は、混乱した。

なぜなら「思考が浮かんでくるたび、呼吸に意識を戻しなさい」と言われるから。

 

たとえ、マインドフルネス関係の本にそういう意図はなくても、これはすごく誤解されやすい部分だと思う。

まるで思考や言葉や意図が、避けるべきもののように思えてくるから。

 

 

 

だけど、僕のいまの理解はこうだ。

重要なのは「思考そのもの」ではなくて「矢印の方向」だと。

自動思考 => 心

たとえば、思考が自動的に働いて、心身にダメージを与えている時。

この場合は、思考がマイナスに働いているわけだから、思考は悪者だ。

 

心が訓練されていない状態では、多くの人はこの状態にあると思う。

この場合、まずは「思考」のレベルを落として、「もっと重要なもの」を見つける必要がある。

 

まずはいったん「思考だらけの世界」から、離れる必要がある。

 

 

f:id:yumainaura:20170731214746p:plain

 

 

意図 => 心

だけどマインドフルネスのトレーニングを積んでいると、思考や言葉とも、わりと仲良く付き合えるようになってくる。

 

なので「言葉」を力点として働かせて、トレーニングに役立てることも出来るようになってくる。

たとえば人の幸福を願うトレーニングをする時は、言葉というものは役立つだろう。

 

 

ここでのポイントは「意図的に言葉を使う」「意図的に思考と付き合う」という部分だ。

 

f:id:yumainaura:20170731214954p:plain

 

まとめ

  • 自動的に湧き上がる思考からは、いったん離れる必要がある
  • 「意図的」に言葉や思考を扱えば、マインドフルネスの武器になる

 

幸福のアクセス権を広げよう

マインドフルネスのトレーニングを積んでいても、最初は、なかなか幸福が見つけられないかもしれない。

 

 

f:id:yumainaura:20170731212435p:plain

 

 

幸福はごくたまに見つかる、ものすごく繊細なもののように思える。

かなり慎重に、注意力を払って、ごくたまに、ようやく、ほんの少しだけ見つかるもの。

 

こういう意味で「幸福はシャイだ」という言い方は当たっている。

 

 

 

f:id:yumainaura:20170731212544p:plain

 

 

 

だけど、もっと優れたイメージを描くことは出来ないだろうか?

いや、できる。

 

幸福は海に似ている

 

マインドフルネスのいくつかの本にも書かれているとおり、幸福は「果てしなく広がる海」のようなものだという理解だ。

 

普段、僕らが「アクセスできていない」だけで、幸福は海のように、心のベースに広がっている。

そして、アクセスする訓練を積むことで、ときおり顔を覗かせる。

 

f:id:yumainaura:20170731212724p:plain

 

 

つまり、幸福を見つけるというプロセスは、

この「海」にたいするアクセス権を広げていくということだ。

 

このモデルでは

 

  • 幸福を見つけるのには努力が必要
  • 幸福はとてもシャイ (僕らのアクセス権が小さい場合は)
  • 幸福は無尽蔵に存在する

という理解が、すべて同時に成り立つ。

優れたモデルを描こう

そして僕の考えでは

「より優れたモデル」は「より優れた成果」につながる。

 

幸福に対しても、より良いモデルを描くことで、より適切な方向に、諦めずに、地道に進んでいくことが出来ることだろう。

 

 

 

ビギナーズマインドを育てよう

マインドフルネスのトレーニングに慣れてくると、

技術面は向上するけれど、ビギナーズマインドが低下してくるかもしれない。

 

つまり「慣れてきて、初心を忘れる」という現象が起こる。

武芸やスポーツと同じで、マインドフルネスでもこれが中級者の罠だと思う。

 

 

f:id:yumainaura:20170731211355p:plain

 

 

だけどマインドフルネスの良いところは、

この「ビギナーズマインド」さえ、ひとつのスキルとして育てられるということだ。

 

f:id:yumainaura:20170731211500p:plain

 

 

やってみよう

具体的なやり方としては

 

「まるで、初めて呼吸するかのように、呼吸してみる」

「はじめてマインドフルネスを実践するみたいに、実践してみる」

「可能な限りマインドフルな、喜ばしい呼吸をしてみる」

 

これは「今まで使っていなかった筋肉を使う」みたいで、ちょっと難しく感じるかもしれない。

だけど新しいスキルを身につけるときは、必ずもどかしさや、うまくいかない感じを覚えるもんだ。

 

だけどマインドフルネスの基本的な技術を身に着けた後であれば、きっとこれも「練習次第で伸ばせるスキルだ」と理解して、ビギナーズマインドを伸ばしていくことが出来るだろう。

 

意識的な訓練をしよう

初心者の頃は、新鮮な気持ちで、自動的に「ビギナーズマインド」が訪れたかもしれない。

だけど中級者になった後は、意識的に「初心を取り戻す訓練」をしていくのが良いと思う。

 

意識的な訓練で、心の能力は伸ばすことが出来る。

これがマインドフルネスの基礎的な理解なのだから。